Loading...
自由な人生を手に入れる

アインシュタインの超脳力。

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

アインシュタインの超脳力。

人間は、普通の人が死ぬまでの間に
脳細胞の十五%しか使いません。

東大、京大などを優秀な成績で出るような人は、
だいたい脳細胞の二十五%です。

アインシュタインの脳が永久保存されていますが、
変色域が四十%です。

電気が通り抜けると、人間の脳は変色します。
アインシュタインは、脳細胞の四十%を使いました。

だから相対性理論のようなものがわかってしまう。
そのような理論を打ち立てることによって、
光や電子の問題などがすべて片付いて、
説明できるようになった。

そんなことをどうやって考えつくのか。
天才だからです。
なぜ天才だったのか。
脳細胞の四十%を使ったからです。
どうして四十%を使えたのか。
リラックスしていたからです。

われわれ普通の人は、脳細胞をー五%しか使っていません。
すると残りの八十五%領域にどんな能力が隠されているかがわからない。

そこに興味を持ったことが、私の超能力研究の原点です。

「精神科学研究会」というところに入ってやりたかったのは、
じつはこの八十五%領域の研究でした。
だから「超能力研究会」という会合に飛びついた。
とにかく超能力的なことに興味があって、
その八十五%に何が潜んでいるのかを知りたかった。

そうして検証していくなかで、
人間の能力の隠された八十五%領域を目覚めさせるキーワードのひとつは、
リラツクスだとわかってきたのです。
そして喜び、幸せ、感謝です。

つまりは、日常生活の中で、
何が起きてもイライラしない、
淡々と生きることだ
という結論になっていきました。

じつは淡々と生きている人間のほうが
超能力を使いこなすのに適しています。

「これを実現するぞ」「これを手に入れるぞ」「これがどうしても欲しい」
と思ってる人は、
その思いだけで、肝心の能力を閉ざしてしまうのです。

自分の持っている超能力を使いこなしたければ、
使いこなせる状況に身を置くことです。
引用元
淡々と生きる

(「キングコング 」なんとしても守ってくれるコングに惚れてしまう!)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

(エヴアンゲリオン【ラミエル】のシーン)

(エヴァンゲリオン 実写、日本版)

(「君の名は。」予告映像)

(「君の名は。」予告2映像)

全くの素人でも最先端の綺麗で稼げるサイトが簡単に構築できます。

ワンクリックで記事を自動生成、初期投資0円。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です