Loading...
自由な人生を手に入れる

販売のスキルを磨くのが一番手っ取り早く稼げます。商品が売れるように商品を紹介すればいい、

ものを売りたいならものが売れる理由を学べ。
これは僕が口を酸っぱくして繰り返してることです。

だってものが売れる理由が分かったら、
ものを売るなんて簡単なことですからね。
商品が売れるように商品を紹介すればいい、ただそれだけのことです。

その上でアクセスを集めることができたら、
僕みたいにフォローブースター500本売るみたいなことも可能になるわけです。
(あれから銀行振込でさらに数十本売れてます)

アフィリエイターはものを販売する仕事なのですから、
販売のスキルを磨くのが一番手っ取り早く稼げます。
ちょっと頭を働かせれば分かることですよね。

ところが周囲を見渡すと、販売について勉強している人が
少ないことにいつも驚かされます。
そりゃ稼げる人が少ないわけです。
  

SEO対策しようとか、デザインを綺麗にしようとか、プログパーツがどうとか…

そんなんかなりどうでもいいですよ。 
アクセスが欲しかったらtwitterなどのソーシャルメディアや
無料レポートなどで集めればいいです。
さらに記事が増えたら勝手にアクセス増えます。

デザインがどうしても不安だったらメルマガ中心でやりましょう。
文章だけなのでデザインもクソもありません。
実際メルマガだけで月100万以上稼いでいる人もたくさんいます。
綺麗なサイトが作りたかったらSIRIUSやテンプレート買いましょう。

あとはもっぱら人を引きつけ、商品を販売するだけですね。
ここでどれだけ消費者心理を勉強したかで差がついてくるわけです。

「でも販売の勉強って、どうすればいいの?」
よくこういう質問をいただきます。

これまでも色々と紹介してきましたが、
最近非常に良い書籍を見つけたのでご紹介します。

これは本当にいいです。
へんな情報起業家の商材の100倍は売る力が身につきますよ。
↓↓↓
現代広告の心理技術101―お客が買わずにいられなくなる心のカラクリとは

お客がものを買うときの心理を徹底的に解明し、
その上でどのような商品紹介のアプローチをすればいいのかを
教えてくれる書籍です。

よくこれだけまとめたなぁというくらい、
たくさんの販売テクニックと事例が紹介されています。
これ1冊あったらもう他のビジネス書いらないんじゃない?ってくらいに。

以前紹介した「影響力の武器」などの名著の内容も
分かりやすくまとめられています。


お客のどんな感情に訴えかければ反応が得られるのか?
お客が無条件で頷いてしまう心理テクニックとは?
お客に親近感を抱かせるには?
お客の買いたい気持ちを高めるには?
心理的によく効くキーワードとは?
価値観のアピールとは?
独自のセールスポイントとは?
etc…

ううむ、マジで大事なこと全部書いてある気がする…
これ教科書にして本気で学べば販売のプロになれると思う。
もちろんマスターするのは大変ですが。

逆に言えば、自分がどういう理屈で
「仕掛ける側の人達」にいいように操作されているのかも分かります。
彼らがどんなテクニックを使っているのかを知らないと、
永久に踊らされ、お金を吸い上げられる側です。

商品を売る力、読者を動かす力、
悪質なセールスから身を守る力をつけたいなら、
とりあえずこの1冊を熟読することをお勧めします。

一応90日間の返金保証もあるので、返送すれば代金タダです。
つまらなかったら突っ返しましょう。

でも商品を売る立場で、これをつまらないと感じる人がいるのか…?

引用元

日雇いの仕事で
厨房機器搬出作業っていうのがあります。

さんざん使った機器の処分だから
油でギットギトでなんか思いつかない変なニオイでした。

狭い階段を店を汚さないように
しかも肩が外れそうなくらい重い。

本当に死に物狂いって感じで必死で上げました。

その上軍手も服もズボンも油でグッチョグチョです。

こんな仕事やってると
毎回思っちゃいます。
「お金の苦労から開放されれば
こんな
体力がついていけない仕事に
かかわらないですむようになれるのに・・・」
って。

常にAmazonの発売価格とネットショップの在庫価格を、
見比べながら電脳せどりを実践することが出来ます!
売れている商品かどうかもこのツール一つで調べることが出来ます。

こちらからもお届けします。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


検索対象が300店舗あっても、
店舗送り機能があるので、
サクサク検索をかけていくことが可能となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です