Loading...
つらい。きつい。ヘルニア笑劇自由な人生を手に入れる

笑っている人は痛み中枢を麻痺させていることになり、 笑えば笑うほど痛みから遠ざかることができます。

笑うことによって、
脳の中にベータエンドルフインという物質が分泌されます。

そのベータエンドルフインには、三つの作用があります。
一つ目は、免疫力を徹底的に強化する。
二つ目は、血液をサラサラにする。

そのため、血圧が下がり、
高血圧になるのを防ぎます。
ゆえに、脳梗塞、心筋梗塞を防いでくれます。
   
三つ目は、脳の中の痛み中枢に直接働きかけをして痛み中枢を麻痺させる。
これを脳内モルヒネといいます。

ですから、笑っている人は痛み中枢を麻痺させていることになり、
笑えぱ笑うほど痛みから遠ざかることができます。

人間の体は血液がペーハー7.4です。
怒ったりイライラしたりすると、
ペーハーが下がって酸性になります。
笑って血液がアルカリ性になると、ペーハーが上がります。

人間の体の中には尿酸というものがあり、
7ミリグラム・パー・デシリットルを上回ると体の中で結晶化します。

電子顕徴鏡で見ると、
とてもきれいな矢尻の形になる。

ペーハーが酸性の側に偏ると、
中和できないので、尿酸が結晶になり、
血液の中に浮かかび上がってくるのですが、
その尿酸結晶があちこちに刺さるために、
痛みがともないます。

安らかな気持ちや笑顔になることで
血液がアルカリ性になるのですが、
いつも痛いから悩んだりイライラしたりするため、
血液が酸性に偏ってしまう。
そのため、結晶がいつもからだに刺さって
痛いというしくみになっています。

笑顏で、楽しそうに、笑顔でニコニコ生きていることは、、
誰のためでもなく、自分のため。

眉問にソワを寄せ、気難しく、人生をどう生きるかなどと考えているような不機嫌
な人は、肉体的に考えても、人生をつらくしています。

ニコニコして、楽しそうに幸せそうにしていると、血液がアルカリ性ヘと傾きます。

そうすると、血液はアルカリ性のほうに傾きますから、
結晶は中和され、
どこにも刺さりません。
血液がサラサラと流れ、痛みが生じません。

イライラせず、おだやかに、にこやかに生きていると、
血液はアルカリ性に偏りますが、

さらに、うれしい、楽しい、幸せ、そして「感謝だよね」という気持ちと言葉を使うと、
その結果として脳の中にベータエンドルフインができます。

ベータエンドルフインができると免疫も強化されます。
ですから、笑っている人、楽しそうに生きている人は風邪を引きません。
これを、昔の人は「バ力は風邪を引かない」と言いました。

おもしろくて笑うのは当然のこと。誰でもできます。

つまらなくても笑うのは中級者の段階。

オチがわからなくても笑うのが笑いの上級者です。
痛みから遠ざかる方法は、笑うこと。
これからは、なんでもかんでも笑っていくことをおすすめします。
引用元
脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論

今野先生のところでは、
こんなに簡単に治療できるのに、
どうして整形外科は治らないとか、
手術しかないとか診断するのでしょうか。

(欅坂46 『語るなら未来を・・・』)

この方法は現在までに首や腰の症状でお悩みの多くの方達を
辛い痛みから救ってきた〝やれば効果が得られる〟確かな方法です。

(欅坂46 『世界には愛しかない』)

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です