Loading...
仮想通貨泳ぐ自由な人生を手に入れる

伸ばすとさらに痛いが 元の痛みと伸ばした痛みが重なって、 痛みの出所が消えて和らぐらしい。

「”きれいな泳ぎですね”と人に言われたら、こう答えればいいんです。
”いや、泳いでませんよ、僕は伸びてるだけですよ”と」
「なるほど」

「だって、そのほうが格好いいじゃないですか」
見えないところで努力しながらも
「なんにもしてません」
ととぽけるのが、きれい基本なのである。

「脇を伸ばすのは、気持ちいいことなんですよ」
脇の下を撫でながら、小柄な服部さんもうなずいた。

彼女は四十代の専業主婦。
やっとのことで25m泳げるそうだが、
「私の中では泳げてる」と自信に満ちている。

「たとえばテレビの裏」
「テレビの裏?」
「そうです。テレビの裏側を拭き掃除する時、
隙間が狭いでしょ。
そこへ手を突っ込んで、
遠くまでグワアーッと伸ばす。
これが気持ちいい」

私にとって新鮮だった脇の下の動きは、
家事の世界ではごく当たり前に使われるものなのである。

「気持ちいいんですか?」
「なんかスッとします。
端まで届いたぞ、という達成感もあるし」

彼女は他にも物干し竿、
天井近くの壁など手が届きそうで届かない所の拭き掃除で、
同様の快感を得るらしい。

「男の人は大抵のモノに届くでしょ。
力があるからモノを動かせるし、
私のように小さくて力がない人間は、それができない。
ここを伸ばさないと解決しないんです」

脇の下をさする服部さん。

「つらいんですか?」

「なんで、私が掃除しなきやいけないんだ?
とは思います。でも、そう思いながらも
気持ちがいいんです」

テープルを拭く時も、彼女は立ち位置を定め、
そこから大きく左右に体をひねって
隅々まで拭く。
細かく動いて拭くのが面倒臭いという一面もあるが、
このほうが体が伸ぴてスツキリするのだそうだ。
彼女は陸上でも泳いでいるのである。

「それに私は四六時中、どこかが痛い。
痛みを癒すにはそこを伸ぱすのがー番です」

腰痛、手足のコリ、切り傷に至るまで彼女は伸ばす。
伸ばすとさらに痛いが
元の痛みと伸ばした痛みが重なって、
痛みの出所が消えて和らぐらしい。

よくわからないが、
「とにかく伸ばすことが大事」なのだ。
引用元
「はい、泳げません」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所です。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


簡単に、そして安心してビットコイン取引をお試しすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です