緊急事態

わからなくなったら2つの問いに、立ち返るんです。「現地の状況はどうなっている のか」「被災者支援のために、いま、どういう方法をつくればいいのか」

たとえば、小さな避難所や
家族で寄り添っている個人避難宅などに対して、
どうしたら支援できるか。

その方法だけ提示したら、

あとは動ける人にチームの組み方も教えて。
できればー人でも地元の人を入れたほうがうまくいく、とか、、、、、、

「あとは勝手に動いてください、と」
「はい」

全体の状況を把握している人というのがいないままに、
いろんなプロジェクトが動いてるわけだ」

そういう組織じゃないと、これだけの有事に適切に対応するのは難しいですね。

自律的に考えながら、
まとまった動きができる組織じやないと。

わからなくなったら2つの問いに、立ち返るんです。
「現地の状況はどうなっているのか」
「被災者支援のために、いま、どういう方法をつくればいいのか」。

「ふんばろう」では、
そうした「自律的に動くための考え方」を共有するようにしています。

現地の「状況把握」を問違ったら
「方法」は、とたんに使い物にならなくなります。

「プロジェクトを主宰する西條さんは、
実際に会ったこともない人と組んだり、
あるいは自分の目の届かない範囲の動き、

つまり、自分の管轄ではないところを「放っておける」んですね」

僕は直感タイプなんです。

「元々そういう人だったんだ。
だから、あれだけ多くのプロジェクトを、
どんどん進められるんですねえ」
引用元
「人を助けるすんごい仕組み」

毎日自動でお金が振り込まれる仕組みを
作っていくことは、
可能です。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


消費者心理は不変なので、
稼ぐためのライテイングを学べば、
お金の不安から永久に解放されます。


コメントを残す

*