喘息

上司であれぱ、部下の失敗をかばうのが当然? 同僚ならば、助け合うのが当然? 部下ならば自分のいうことに從うのが当然?

通常、事態が思惑どおりに進んでいる時に怒る人はいません。
  
それどころか、
歓迎すべき状態であるほうが多いでしよう。

ということは、事態が予想どおりに動いたら、喜ばしい出来事のはずなのです。

たとえそれが自分にとって好ましくないことであっても、
それが予想どおりであれば、
「やっぱりそうきたか、Aさんならそうすると思っていたけどな」
で済むはずです。

であるのに、なぜ、多くの人は間違って怒ってしまうのか?

もう一度、胸に手を当てて考えてみてください。
あなたは上司や同僚などに過剰な期待をしていませんでしたか?

上司であれぱ、部下の失散をかばうのが当然。
同僚ならば、助け合うのが当然。
部下ならば自分のいうことに從うのが当然。

心のどこかで、そんな決めつけがあったのではないでしようか?
しかし、本当にそれが当たり前かどうかは、

相手の育ってきた環境、
パーソナリテイー、
人生哲学によって変わってきます。

自分勝手な期待を、
他人に押し付けて、
その期待に応えないと怒る。
どう考えてもそちらのほうが理不尽です。
引用元
「「怒らない」選択法、「怒る」技術」

薬も止められる 自宅喘息療法

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


喘息は治せます。
しかも自宅で!

カテゴリー

コメントを残す

*