怒り

被害の穴埋めよりも自分の腹の虫を収めたい。

どんな時に怒るのかをリサーチしてみると、
相手が「言い訳をした時」
という人がとても多いようです。

さらに調べてみると、その逆もまたしかりで、
「きちんと状況説明をしているのに、
「言い訳するな」のひと言で切り捨てられた時」
というのもあります。

言い訳。
これは怒リの現場では、とても重要なキーワードのようです。

改めて考えてみるとこの
「言い訳」という言葉はどんな場合でも使うことが可能です。

このプロジェクトがうまくいかなかった理由は、
「OOとOOです」、と報告しても、
「うるさい、言い訳するな」の一言で終わりにできます。

報告した側は、
「なんでもかんでもその一言で終わりにしやがって。
元はといえば、お前にだって責任はあるだろうが」
という気持ちになるでしようし、
報告されたほうとすれば
「なにが報告だ。失敗といて、いけしゃあしゃあと」
という思いでしよう。

つまり程度の差こそあれ、
どちらも本気で自分が正しいと思っているから
厄介なのです。

なぜ、こんなことになるのかといえば、
損害を受けたほうの人間が怒っていい場面だと
本気で思っているからです。

実害を被ったのだから自分は怒っていいんだ、だとか、
相手は謝罪するべきだなど
と本気で思っているから、
怒りの場面になってしまうのです。

つまり、被害の穴埋めよりも自分の腹の虫を収めたいという
情動のほうが強くなっているから間違うのです。
引用元
「怒らない」選択法、「怒る」技術

人間の本質は1000年前も1000年後もほとんど変わらないので、
商品の売り方を知っていれば、
自由に生きられる程度のお金は稼げます。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


初年度年商1億売り上げた京大MBA卒の講師が、
最速で1億円に到達する道筋をPDFで語ってくれました。

カテゴリー

コメントを残す

*