喘息

にこやかに、何度も話をしていくことで、 子供はその方法論を身につけながら大人になっていく。

子供が親や同級生を殺すような事件に
共通していることがあります。

それは、「親が暴力的だった」こと。
つまり、暴力的な方法論を教えたということです。

気に入らない相手に対して、
怒って怒鳴って自分の思いどおりにしようとする。

それでも言うことを聞かないときはナイフをもちだしたりと、
暴力的な方法論をとっている。

そして、暴力的な方法を教えられた子どもは、
自分が結婚して子どもができたときに、
同じことを教えていきます。

そのため、暴力的な家系は何十代も続いてしまう。

今日、幸いにしてこの話を知った方は、
自分の代で負の連鎖を断ち切ることができます。

荒げる、怒鳴る、怒る、暴力的に殴ったり蹴ったりして
言うことを聞かせるという態度をやめる。

たまたま、親という立場、
子どもという立場として親子関係が成り立っただけで、
親が偉いというわけではありません。

「子どもがわが家にやってきてくれてありがたい」と思っていたら、
声を荒らげることはなくなります。

親がいつも笑顔で温かく接しているなら、
子供は、自分の目の前に気に入らない相手がいても、
笑顔で話しをし、
粘り強く話しをするものだと学んでいきます。

自分の代で何十代も続いてきた
暴力的な家系を変えることができるかもしれません。

自分に暴力的な部分があるなら
「親からその方法論を学んだからだ」と気づいてください。

「子育て」は自分が見本になるという意味であり、
言葉で教えることではありません。

子供がどう育つかは、親が見本となっています。

親が怒鳴りながら「静かにしなさい」
「おとなしく言うことを聞きなさい」というのは、
なんの説得力もありません。

何代、何十代と暴力的な家系が続いていく中で、
「怒鳴られたり、殴られたりしたことがとてもいやだった。これではいけない」と思う人が、
何十代と続く家系の中からポコッと出ることがあります。

気づいた人は、そこから先はやらなくなり、
そこから先は暴力的な傾向はなくなりますが、
必ずしも全部の家系が
そうなるとはかぎりません。

子供に対して暴力的な解決方法を教えないこと。
そして、にこやかに、何度も話をしていくことで、
子供はその方法論を身につけながら大人になっていきます。
引用元
脱力のすすめ―「おまかせ」で生きる幸せ論

喘息の発作で窒息死する恐怖。
夜寝てるときに咳きが止まらない。
いつも薬を持ち歩かなくていいようにしたい。

(「君の名は。」予告2映像)

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


健康と医療ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト


私は、現在までほぼ全ての患者さんの喘息の改善に成功しており、多くの方々の悩みを解決してきました。

(『君の名は。』瀧と三葉のその後のお話。)

カテゴリー

コメントを残す

*