。o○ .。o●危機管理のシミュレーションとして観る「シン・ゴジラ」

2018.2/6六本木、国立新美術館の近くで搬入、開梱作業。
    重かったし、ばらすのも骨が折れました。

2018.2/5東高円寺で工事現場でエッチラオッチラ荷運びやって
    ヘナヘナになりました。
    筋肉痛になるかと思ったけど平気でした。

2018.2/4の時点で面白かったドラマは
    「アンナチュラル」と「99,9」です。
    あとは観てないのでわかりません。

    あと、キムタクのボデイーガードのドラマがよかった。

    2018.1/22「鶴瓶の家族に乾杯」に要潤さんが出てて、
    飄々ぶりがとってもよかった。
    「要潤の家族に乾杯」でやってってほしいくらい。

2018.2/4公園に向かう道の真ん中に、
    まだカチンコチンの雪があります。

2018.2/3夕方から
    お台場のビッグサイトで「ギフトショー」の撤去作業やってきました。

2018.2/3西武新宿線が車両点検で、
    ホームで30分立ちん坊でした。
    でも仕事には間に合いました。

(【日本の危機管理】シン・ゴジラ製作にあたって閣僚に取材。)

(シンゴジラ 未公開シーン VFX、完成前映像。)

(シン・ゴジラのワンシーンがすごく綺麗 /Shin Godzilla)

(【MMD】で作ったシン・ゴジラ【予告編】)

(SHIN GODZILLA変な怪獣がゴジラに進化。)

(シンゴジラ 未公開シーン 報道海上自衛隊)

『シン・ゴジラ』は、
2016年(平成28年)7月29日公開の日本映画。
総監督・脚本は庵野秀明、
監督・特技監督は樋口真嗣。
東宝製作のゴジラシリーズの第29作であり、
『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりの日本製作のゴジラ映画である。
キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。

往時のファミリー・子供向け路線から一転し、
政治色を前面に巨大生物(ゴジラ)の出現をきっかけに

刻一刻と進行する危機的な大規模災害事象に対して
日本国政府を中心にさまざまな国家機関に携わる者たちが
限られた条件下で切歯扼腕しつつ各々の任を全うし、

政治的配慮・思惑が錯綜する最中にて
問題解決の糸口を模索しながら収束するという、
群像劇が描かれる。

台詞の大半は各分野で用いられる慣例上の職務口調を含む
大量の専門用語が作中を飛び交うほか、
頻繁な明朝体テロップの挿入による
場面説明が逐一行われる。

登場人物の背景や感情が絡む人間模様、
ゴジラに対抗し得る超常の存在や科学兵器といった部分は
大幅省略されたことに加え、

暴力や死の直接描写が排されているため、
全年齢で観劇可能な作品となっている。

また、従来の日本国内で制作されたシリーズ作品は
世界観をリセットしても1954年の第1作で
ゴジラが日本に上陸した設定は踏襲され、
作品内で日本国民にゴジラの存在が認知されていたが、

本作は第1作を含む過去のどの作品とも繋がっていない
独立した世界観となっており

劇中世界では「怪獣」という概念や文言が存在せず、
日本国政府が初めて
「巨大不明生物」出現に直面する
という設定になっている。
引用元
シン・ゴジラ

従来の石鹸をこれに変えて、気になる箇所に使い続けると、肌がつるつるになったっていうのは胡散臭くない?


ケースルーっていう男性向け脱毛石鹸

興味あるんだけれど、本当に効果があるのか気になる。

2ちゃんねるとかを見てみると、
ゴリラみたいに毛深い男性がつるつるになったっていうのは胡散臭くない?

でも、効果ありって評判があるし
売れているということは、
信頼性も高いよね?


ケースルー男性向け脱毛石鹸

従来の石鹸をこれに変えて
気になる箇所に使い続けると
肌がつるつるになった。

人気もあるし口コミもあるんだね。

思い切って試してみようかな。

(「正解するカド」 Shindou x Saraka kiss scene)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

(「キンクコング」エンパイアステートビルの空中戦。ナオミワッツとの別れ。)

(エヴァンゲリオン ダミーシステムの暴走でトウジのエヴアを喰らうシーン)

(エヴァンゲリオン 序 [ラミエルシーン集])

( ゴジラvsパシフィック・リムetcパート2 お、おもしろい!)

エヴアの使徒とは、「強く生きる生命体ヘの憧れ」が具現化したものである。

使徒について、次のような仮説を提唱したいと思う。
すなわち、使徒とは、
ゲンドウやキールの恐怖心が具現化したもの、

すなわち、人間の恐怖心の代表としての
彼らの妄想の産物にほかならないという仮設である。

思い出していただきたい。
第弐拾話で、シンジが、初号機に取じ込まれそうになり、
エントリープラグに取り込まれそうになり、
エントリープラグに閉じ込められて、からだが、一時的に溶けてしまった時、

ワイシャツ姿で搭乗していたはずだったにもかかわらず、
プラグ内に、プラグスーツが、実体として現れ、

リツコが、この現象を
「彼の自我イメージがプラグスーツを擬似的に実体化させている」
と解説していたではないか。

つまり、この物語では、
人の心が、実体を形作るのであり、

このことは、第26話「まごころを、君に」での
「人の心が、その人の形を作っている」
というカヲルの台詞につながり、

シンジの意志によって、「補完」されかかった人間が
再び人の形を取り戻しうることの根拠となっているわけだが、

第弐拾話を思い出せば、心が形成しうるのは、
自分自身の形のみならず、
その外部の存在についても同様であるということがわかる。

もちろん、このような「心の力」が、
日常的に無制限に発揮されてしまったら、
物語の秩序が壊れてしまうので、

その発現は、きわめて特殊な極限状態に限られてはいるが、
ゲンドウやキールの恐怖心、妄想の大きさは、
まさに、極限状態というにふさわしい、
異常なものだったのだと考えれば、
すべては、矛盾なく説明できる。

場合によっては、妄想の主として
「裏四海文書」を書いた人物を加えてもよいだろう。

人間同士の関係に対して恐怖心を抱いていた彼らが、
その恐怖心ゆえに、
人類の外部に対しても、不安を抱き、

一方では、群体ではなく、
単体として、強く生きる生命体ヘの憧れが加わって、

群体として生きる人類の対極に位置する生命体を、
妄想によって生み出したのである。

もともと、妄想の産物であれば、彼らの
「裏四海文書」の通りに襲来するのは当然であり、

また、彼らの「対人恐怖」ゆえに、
使徒たちは、徐々に、彼らが最もおそれる
「心の中への侵入」
へと進むのである。

それも、決して、彼らの意表をつくような形でではなく、
彼らが恐れれば恐れるだけ、
徐々に、行動を「進化」させるのである。

リリスやジオフロントは、彼らの妄想以前に
存在していたと考えてもよいだろう。
そう考えれば、「白き月」が、ジオフロントに酷似していることも、
ジオフロントを踏まえたうえでの彼らの妄想の産物ゆえ、
当然の帰結となる。

この場合、欠番の「第二使徒」が、
リリスのことであると考えにくくなると思われるかもしれないが、
「使徒」の番号が、
必ずしも発見順につけられるとは限らないと考えれば、問題はない。

また、「第二使徒」は、リリスではなく、
セカンドインパクト直後に殲滅された別の使徒であると考えても、全く、問題はない。

さらに、アダムとリリスとは、
どちらも第一使徒であり、第二使徒は欠番であるとしても、もちろん、かまわない。

映画「シト新生」のパンフレツト(プログラム)の中の「用語集」の
「第2のシト」の項には、
「ターミナルドグマ深奥に拘束されたリリスを当てる説もあるが、真相は不明」と書かれており、

おそらく、作者としても、ここは、
「どう考えてもよい」と考えているのであろう。
(ただし、一部の解釈本にあるような横波レイを
第二使徒と考えるという解釈はまずい。

なぜなら、レイが使徒と同列に扱えるのは、
リリスをアダムと同列に扱う時に限られるからである。

初号機を第二使徒とみなす解釈についても同様である)。

一方、リリスを、アダムと同様に、これも、
ゲンドウたちの妄想の産物と考えると、
人類の始祖たる存在が、
人類の後に「誕生」したことになり、

これは、完全にパラドックスであり、
「エヴア」のような物語の場合には普通ではないが、
別に間違っているとは言えず、
むしろ、この解釈の方がリアリテイーを持つように思う。

使徒がゲンドウたちの妄想の産物であるというこの説は、
「ずるい」と言われそうではあるが、

使徒の由来、その襲来を「裏四海文書」が正確に予言できた謎、
そして、使徒の行動に「進化」を思わせるような
連続性がある理由という
すべての問題を一挙に解決できる上に、

第弐拾話で示されていた、
この物語の内部のリアリズムにも合致しているのである。

そして、使徒とは、コミュニケーションに関する
人間の恐怖心を表すものであるという、
この作品のテーマに直結しているということになる。

こう考えると、ゲンドウは、
自らの妄想の産物と戦っていたことになるが、
これは、決して、「滑稽」というべき状況ではなく、

ひょっとして、人間の営みの多くが、似たようなものかもしれない。

なお、「企画書」段階では、使徒が「第一始祖民族」の残した
「古代遺物」となっているということは、既に記したが、

完成した作品の第弐拾話
「心のかたち 人のかたち」に相当すつエピソードは、「企画書」にはない。
これも、このエピソードが、使徒の正体に関する
設定の変更にともなって必要となった可能性を示唆しているように思われる。

第拾壱話のラストの使徒を倒した後、
三人のパイロツトが第三新東京市を一望できる丘で、
夜空を見上げながらくつろいでいるシーンでレイが
「人は闇を恐れ、火を使い、
闇を削って生きてきたわ」と言い、シンジは
「だから人聞って特別な生き物なのかな?
だから使徒は攻めて来るのかな?」と言うシーンがあったが、

人聞の恐怖心が使徒を生み出したと考えれば、
シンジのこの時の推理は、当たっていると言えよう。

人間の心の中には、大きな闇の部分があって、
それを埋めるのが「補完計画」であると、ゲンドウは考えていたようだし、
そのことは、テレビ版の最終話でも示唆されている。

そして例えぱ、レイのマンシヨンが大規模マンションであるにもかかわらず、
住んでいるのは四0二号室のレイだけで、
荒れて、廃墟のようであったりするといった、
アンバランスな風景も、
人の心の中の「闇」や「空白」の象徴であると考えられる。

が、「補完」が発動され、
人々の魂が溶け合い始めた時、
その「空白」を埋めていったのは、ただ、「孤独」であった。

「孤独が、人の心を埋めていくのね」というレイの台詞は、
「補完」の空しさを表す以外の何ものでもない。

実際には、最も「補完」されるべきであったのは、
「補完」が必要だと考えていた心であったのだ。

そして、主人公、碇シンジの場合には、ある意味では、
そういう意味での「補完」は、ついに、実現したといってもよい。

もちろん、ゲンドウらの「補完」を拒否することによってである。
そして、テレビ版の最終話が示唆していたのは、
そういう「補完」に他ならない。
引用元
エヴァンゲリオン解読 新版―そして夢の続き

2018.1/31 夜中ドア開けて見上げたら、皆既月食見れた。
     なんか得した気分。
2018.2/2 降った雪はシャーベット状だったけど、
     運転は甘く見てはいけないそうです。
     そちらはどうでした?

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

慣れ親しむと楽しむことが出来る

苦しいこと、つらいことを逆に楽しめないか

それは、苦しいこと、つらいことに、
馴染んじゃうと、慣れ親しんじゃうと楽しくなる。

だから苦しいとき、つらいときは、
”もっと馴染んじゃえば、
もっと慣れ親しんじゃえば楽しめるんじゃないか?”と
自分に問いかけてみてください。

苦しい、つらい状況、状態にいる時は慣れ親しんで楽しめる状況、状態
に向かってるんだと考えてください。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


健康と医療ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト




SNSでもご購読できます。

コメントを残す