奥義

強い人はなぜ強いのか、その理由がわかれば自分も強くなれるのか?科学的方法で練習を続ければ、無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義

敵と組んだとき、
三船十段はひょんひょんと舞うみたいな動作を取ります。

その動きは、敵の不随意の運動つまり
「とっさの動き」を阻害するように働き、
敵を“物体化”してしまいます。

だから軽く振られただけで
重心が外され転倒してしまうのです。
↓ ↓ ↓

強い人はなぜ強いのか、
その理由がわかれば自分も強くなれるのか?

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義

           

           

           

この記事は
各見出しの中から
選んだのをクリックすると
その記事に飛びます。

右下のマルをクリックすると
戻って来ます。

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる

↓ ↓ ↓

私はもともと虚弱体質で、
スポーツは苦手、
まして格闘技など
恐ろしくて近づくことさえできませんでした。

↓ ↓ ↓

数多くの打撃技の衝撃力発生のメカニズム、
「鋭い」あるいは「重い」衝撃力を発生する原理と、

そのための合理的な体の動かし方を解説しました。

           

           

           

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

最も基礎的なことが奥義

↓ ↓ ↓

奥義、すなわち「特別」なことってないんですよ。

ただあえて奥義といえば、

それは「基本稽古」が空手の奥義なんですよね。

↓ ↓ ↓

反復稽古するしかないんですよ。

そうやって、体に技を染みこませ、

その技を考えなくても「自然」と出るように、

「反射的」に出るようにしないといけないんですね。

           

           

           

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

体内で発生した電気が、
敵を麻痺させるのではないか

↓ ↓ ↓

敵を“物体化”してしまう動き

↓ ↓ ↓

「空気投げ」の秘密は敵を
“物体化”することにあった。

↓ ↓ ↓

電磁場がその電気の作用を
伝えているのではないか

           

           

           

強い人はなぜ強いのか、
その理由がわかれば自分も強くなれるのか?

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義

           

           

           

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる

●拳が速いほどパンチの衝撃力は増えるの?

●ストレート・前蹴り・フックに比べて回し蹴りがよけにくいのはなぜ?

●頭突きの威力はどのようなもの?

●パンチが当たる瞬間、拳を固く握りしめる意味はなに?

●グローブ使用でも安全とはいえないって本当?

●レスリング出身の選手は、アッパーなど突き上げるパンチが強い?

●回し蹴りは「足が胸から生えているつもりで蹴る」と聞いたがどういう意味?

●伝統空手の前蹴りとムエタイの前蹴りはどう違うの?

●首相撲からひざ蹴りへの攻撃に対処する方法はあるの?

●打撃技につかみを入れると有利になる?

●腕ひしぎ十字固めは、一度極まるとなぜ逃げられないの?

●柔道の技に対抗するにはどうしたらよい?

●握力の強い相手に手首を握られたとき力に頼らずに抜く方法はない?

●強力な素手の突きをどうやって防げばいい?

●サンドバッグが大きく揺れるパンチを顔面に浴びても平気だった。なぜ?

●「筋トレでつけた筋肉は役に立たない」という説は本当?

●グローブ使用の試合と素手の拳の闘いはどのように違うの?

●木刀の使い方を心得た相手にどう立ち向かえばよい?

●合気道や太極拳にかぎらず、伝統武術の強さの秘密はなに?

■第1章 打撃の科学

■第2章 突き・パンチの科学

■第3章 蹴り・キックの科学

■第4章 つかみ・投げ・極めの科学

■第5章 防御の科学

■第6章 稽古・練習の科学

■第7章 武器・実戦の科学

           

           

           

私はもともと虚弱体質で、
スポーツは苦手、
まして格闘技など
恐ろしくて近づくことさえできませんでした。

現在の私は60代後半ですが、
大学の打撃系格闘技部の主将クラスに
「見えない突き」を当てたり、

合気道部や柔道部の黒帯が踏ん張っていても、
簡単によろめかせたり倒したりできます。

自分でも信じられないほどの変化です。

これは、
私が「強い人はなぜ強いのか、
その理由がわかれば自分も強くなれるのか」という疑問を解くべく、

長年、科学的に格闘技を研究し、
解明した成果を自分の体で実践してきたからです。

この本は、
研究の成果をわかりやすく解説したものです。

素質のある人はもちろん、
自信のない人も、

この本で解説した
科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できるに違いありません。

昔の名人たちは命を賭けた修業の末に達した極意を
「和歌」として残しました。

私も科学的研究によって解明したことの一部を、
わかりやすい「どどいつ」として記してみます。

第1章「打撃の科学」と

第2章「突き・パンチの科学」、

第3章「蹴り・キックの科学」では、

           

           

           

数多くの打撃技の衝撃力発生のメカニズム、
「鋭い」あるいは「重い」衝撃力を発生する原理と、

そのための合理的な体の動かし方を解説しました。

拳を相手に触れた位置から突く技や、
一度のキックで二度蹴る技も解明しました。

頭部に鋭くボディに重く 使い分けよう打撃技

腕のパワーに頼るは迷い 強いパンチは腰で打て

足は胸から生えると思え 威力倍増回し蹴り

第4章「つかみ・投げ・極めの科学」と

第5章「防御の科学」では、

いろいろな投げ技や関節技の力学的原理、
体格にまさる相手の突きや蹴り、

体当たり、つかみを、
相手のパワーを無効にして
小さな力で防いだり反撃したりする方法などを解説しました。

投げは3つの回転軸で 崩し回して地に落とせ

腕の構造弱点知って 手首極めれば飛ぶ相手

力で受けるな突き蹴り当たり そらしいなして反撃へ
引用元格闘技の科学 力学と解剖学で技を分析!

           

           

           

最も基礎的なことが奥義

よく武道や格闘技の漫画に奥義って出てくるじゃないですか。

実際の武道・格闘技の場合、奥義ってないんですよね。

中国武術などはもしかしたらあるのかもしれないですけど、

日本の武道にはないですよ。

空手にもありません。

           

           

           

奥義、すなわち「特別」なことってないんですよ。

ただあえて奥義といえば、

それは「基本稽古」が空手の奥義なんですよね。

空手の世界には、

「空手の奥義は基本にあり」

という言葉があります。

この言葉、日本人特有の謙虚さを表しての言葉じゃないんですよ。

んなわきゃないだろ!

基本稽古なんて準備運動!

と思っていた時期もありましたけどね。

↑これね、武道の経験者なら凄くわかってくれると思いますw

でも経験を積んでいくうちに、実感したんです。

基本に奥義があるって。

基本・・・最も基礎的なことが奥義。

その通りだと思います。

おそらく日本の武道は、そのほとんどが奥義を最初に教えますよ。

物事って何でもそうでしょうけども、上達してくると、

だんだん基本をおろそかにしてしまうんですよね。

少し専門的な話になりますが、

空手に関して言えば、派手な技、

トリッキーな技、多彩なコンビネーション、

そんなことを覚えたがるし、

組手や試合で使いたがるんです。

それを覚えることを否定はしません。

そういった技を器用に使える人は、

それはそれでいいですよ。

でも、怖いのは基本的な技のクオリティーが高い人、

それが一番怖いし、嫌な相手なんですね。

最終的には、多彩な技が使える人よりも、

そうした人が勝つんですよ。

希に基本的な技がうまくて、技が多彩という

天才もいますけど(^_^;)

でね、そうした基本的な技のクオリティーを上げるには

どうしたらいいかというと、

単純に日々反復していくしかないんです。

           

           

           

反復稽古するしかないんですよ。

そうやって、体に技を染みこませ、

その技を考えなくても「自然」と出るように、

「反射的」に出るようにしないといけないんですね。

僕はね、人生における基本、すなわち奥義ですよね、

それは日常にあると思うのです。

日常の生活の中に学びがあるし、

そこにより良い人生を生きる為の奥義があるんですよ。

宗教にはまったり、スピリチュアルにはまったりして、

特別な教えを聞いたところで、

日常生活には役立ちませんって。

そんなものをお勉強する暇があったら、

一所懸命に働けばいいんですよ。

日常を精一杯生きればいいんです。

それもせずに、神様がどうの、

スピリチュアルな教えがどうのなんて、

脇道にそれ過ぎどころか、無駄なことをしているだけです。

時間は貴重ですよ。

そんな無駄なことをせず、日常を精一杯生きましょうよ。

日常での学びこそ、人を成長させるのですから。

引用元⇒空手の奥義は基本にあり!人生の奥義は日常にあり!

           

           

           

体内で発生した電気が、
敵を麻痺させるのではないか

           

           

           

敵を“物体化”してしまう動き

著者はまず、二足歩行する人型ロボットや
等身大フィギュアが
きわめて倒れやすいものであることを示す。

ロボットやフィギュアのような“物体”は
直立状態を支えうる重心の範囲が狭い。

人間ならとっさに足を動かして
重心をズラしバランスを取るところだが、

ロボットには(いわんやフィギュアには)
それができないのであっけなく転んでしまうわけだ。

 敵と組んだとき、
三船十段はひょんひょんと舞うみたいな動作を取る。

その動きは、敵の不随意の運動つまり
「とっさの動き」を阻害するように働き、
敵を“物体化”してしまう。

だから軽く振られただけで
重心が外され転倒してしまうというのがその解説である。

 著者が「究極奥義」を体得する過程は
たいへんにあっけない。

やはり武道の修行をしていた知人の
数学者・木村達雄氏が「合気」をマスターし、

極真会館長・松井章圭を投げ飛ばしたというのを知り
道場を訪ねたところ、

そこで聞かされた言葉にピンときて
できるようになったというのだ。

 木村氏は
「松井さんを安定した
倒れない状態にしているシステムのスイッチを切ってあげる」
といいながら松井館長の肩に軽く触れ、

そして著者に突いてみろと促した。

いわれたとおりに著者が
へなちょこな突きを入れると、

なんと、鉄壁の構えを取る松井館長が
すっ飛んでしまった!

 木村氏の解説はこうだ。

科学の足場に踏みとどまる努力
〈いくら鍛え抜いた人でも合気によって
人間存在の基本的なシステムの働きを止められたならば、

マネキン人形や銅像のような単なる物体になってしまうために
小指一本で押されただけで倒れてしまう〉

           

           

           

 

「空気投げ」の秘密は敵を
“物体化”することにあった。

「究極奥義(合気)」も同様であることを、
著者は数学者の言葉に発見する。

〈本当の武道家や格闘家ならば、
木村さんの説明を聞いただけで喜ぶわけはない。

だが、この僕は理論物理学者だった。

           

           

           

電磁場がその電気の作用を
伝えているのではないか

(中略)理論的にそうなるとわかった自然現象は、
この宇宙の中では現に存在する! 

そう信じて疑わない理論物理学者のみが、
木村さんの言葉に涙するのだ〉

 そうして涙した夜、
著者は神秘的な体験をし、
翌朝には「究極奥義」を操れるようになっていた。

さらには相手に指一本触れずとも掛けられることがわかった。
著者が念じるだけで敵が“物体化”してしまうというのだ。

 本書のいちばんの突っ込みどころはここだろう。
やっぱオカルトじゃん、と本を投げ出しそうになるわけだが、

〈やれ「超能力」だとか「気の力」、
さらには「波動」あるいは「霊力」だなどという

テレビにもてはやされそうなトンデモ解説〉
は絶対にダメだと著者は先回りをする。

 まだ発見されていない
未知の力があるのではないかという説も、

この宇宙の中に存在する力は「重力」と「電磁力」、
原子核内部の「弱い力」と「強い力」
しかないと退ける。

 あくまで科学に踏みとどまろうとする著者が思いいたったのは
「(生体)電気」と「電磁場」だった。

 つまり、体内で発生した電気が、
電気ナマズや電気ウナギなどと同じような具合に
敵を麻痺させるのではないか、

離れている場合には
電磁場がその電気の作用を伝えているのではないか、
と考えたわけだ。

著者が脳波計と筋電計を使って集めたデータを見ると、

技を掛けた瞬間、
たしかに妙な現象が起こっているようではある。

 著者が最終的に立てた仮説は次のようなものだった。

〈精神的内面を『無の境地』にもっていくことで

前頭葉運動野における
意識的神経活動を

小脳における
無意識的神経活動に
限りなく同調させた結果として

神経に生じる電気変動を
敵の筋肉組織につながる神経システムに伝え、

それを微弱帯電させることで

敵の神経システムの機能を停止させる(ブロックする)ために
敵の筋肉組織が麻痺してしまう〉

 ちょっと文章がヘンだがいわんとするところは理解できるだろう。
科学とニセ科学を区別するさいにまず問われるのは、
その仮説が反証可能であるかどうかだから、

著者の仮説はその意味ではニセ科学には踏み出してはいないということになる

(電気じゃない、という証拠が見つかれば崩れるわけだから。
全身絶縁した相手に掛かるかやってみれば一発で白黒つくと思うんですが)。

読後感さわやかな「奇書」、
冷笑するのはモッタイナイ

 仮説なので当然ながらこれが
「究極奥義」の秘密と決まったわけではなく、

本格的な研究はこれからだと著者もいっている。

 正直なところ、
素人目にもかなり無理のある仮説であるように映るし、

なんで著者が突然「究極奥義」を
使えるようになってしまったのかという謎も手つかずで残っており、

「未科学」よりもっと前の、
かなり脆弱な基盤に立ったアイディアといった段階だろうか。

 とはいえ、いろいろと楽しめる要素にあふれた
ちょっとお目にかかれない奇書だけに

(著者が技を繰っている分解写真だけ眺めても楽しいし、
読後感がやけに爽やかだから「自分探し本」としても悪くない)、

仮説が煮詰められていないからと
捨てるのは惜しい気がするのだ。
引用元⇒人が吹っ飛ぶ「究極奥義」を科学する~『武道vs.物理学』
保江邦夫著(評:栗原裕一郎)

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

体の不調はここをグサッとやれば解決する急所があります。
 #はり #ツボ
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/02/28/hari/

           

身につけたいワザランキング  #ワザ
↓ ↓ ↓
http://kkeeii.link/douga/2018/08/06/waza/

           

ケガしても歳とっても関係なく
どこまでも走っていけるワザがあります。 #飛脚走り
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/02/20/hikyaku/

           

あなただから思いつける、世界を救うアイデア募集
↓ ↓ ↓
https://nipponfoundation-billion.jp/

           

           

           

以上
強い人はなぜ強いのか、その理由がわかれば自分も強くなれるのか?
科学的方法で練習を続ければ、無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義
でした。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

家族の歴史、家族の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。

↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/02/11/kyuusai/

           

           

           

あなたがこの世界を変えていくんです。
↓ ↓ ↓

https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

           

こんなことご存知ですか?詳細はこちらから御覧ください。
↓ ↓ ↓
友だち追加

           

あんなことやこんなことやってます。
↓ ↓ ↓
Instagram

           

行列が出来る人気店から招待されます。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZGTLI+39VVBU+3YSK+614CX

           

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方

           

           

体と心は使い方がある。

というか
本来こう使ってなきゃいけない。

こういう
体と心の使い方をしていれば

苦しいんじゃないか
辛いんじゃないかってことが

のほほんとやり過ごせる。

           

           

体の使い方 IAP呼吸法

           

           

「肺の下の筋肉」を動かす

「IAP」とはIntra Abdominal Pressureの略で、
日本語に訳すと「腹腔(ふくこう)内圧(腹圧)」。

人間のおなかのなかには「腹腔」と呼ばれる、
胃や肝臓などの内臓を収める空間があり、この腹腔内の圧力が「IAP」。

「IAPが高い(上昇する)」という場合は、
肺に空気がたくさん入って腹腔の上にある横隔膜が下がり、

それに押される形で腹腔が圧縮され、
腹腔内の圧力が高まって
外向きに力がかかっている状態を指します。

           

           

IAP呼吸法とは

息を吸うときも吐くときも、
お腹の中の圧力を高めてお腹周りを固くする呼吸法で、
お腹周りを固くしたまま息を吐ききるのが特徴です。

腹圧呼吸ではおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して(=高IAPを維持)、
おなかまわりを「固く」するということです。

腹腔の圧力が高まることで体の軸、
すなわち体幹と脊柱という「体の中心」が支えられて安定し、
無理のない姿勢を保つことができるわけです。

そうして体の中心を正しい状態でキープすることで、
中枢神経の指令の通りがよくなって

体の各部と脳神経がうまく連携。
そのため、余分な負荷が減るという理論です。

・腹圧が高まることで、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定する

・体幹と脊柱が安定すると、正しい姿勢になる

・正しい姿勢になると、中枢神経と体の連携がスムーズになる

・中枢神経と体の連携がスムーズになると、体が「ベストポジション」(体の各パーツが本来あるべきところにきちんとある状態)になる

・体が「ベストポジション」になると、無理な動きがなくなる

・無理な動きがなくなると、体のパフォーマンス・レベルが上がり、疲れやケガも防げる

           

           

まずは横隔膜に目を向けること

横隔膜は呼吸に関する筋肉で、
肋骨に囲まれているもの。
この横隔膜こそが「IAP呼吸法」のポイント

「横隔膜の可動力」がきわめて重要
胸だけの浅い呼吸をしていると、
肺の下にある横隔膜をあまり動かせないため、
本来上がったり下がったりする横隔膜の動きが悪くなります。

するとおなかに圧力はかかりにくくなり、
体は縮こまり、姿勢が悪くなり、

中枢神経の信号も体の各部に届きにくくなるため、
より疲れやすい体になるわけです。

逆に横隔膜をしっかり下げて息を吸えば、
腹腔が上からプレスされ、
外側に圧力がかかることに。

横隔膜を下げながら息を目一杯吸い、
お腹をパンパンに膨らませたまま息を吐くのが、
自然に腹圧がかかった「腹圧呼吸」。

横隔膜を下げて腹腔内に圧力が生じた結果、
おなかは外側へ膨らみ、
体幹まわりの筋肉が360度ぐるりと伸びることになります。

これが、おなかが大きく固くなる仕組み。

また、「おなかの内側から圧力」がかかると、
それを押し返そうとして
「おなかの外側からの筋力」も働くことになります。

このダブルの力で、体の中心(体幹と脊柱)がしっかり安定し、
姿勢が整うということ。

これが、IAPを高めることによる
「体の中心・基礎固め」効果だといいます。

横隔膜を下げたまま息を吐くには、
「お腹は膨らませたまま」
「肩を上げない」
のがコツ

「腹圧を高めておなかを膨らませたまま、息を吐く」
感覚をつかむためにも、
最初は指先を足のつけ根に差し込んで練習するのがいいです。

そして慣れてきたら、今度は手を使わずに行い、

立ってできるようになったら普段の生活でも「IAP呼吸法」を実践し、

できるだけ腹圧を高めて呼吸するようにシフトしていけばOK。
引用元⇒疲労予防・回復のためにスタンフォード大学で用いられる「IAP呼吸法」とは?

           

           

           

心の使い方

           

           

           

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。
↓ ↓ ↓

人類を救済するのは、物質では、環境を変えることでは、無理。

           

           

この記事は
各見出しの中から
選んだのをクリックすると
その記事に飛びます。

右下のマルをクリックすると
戻って来ます。

各見出しに飛びます。
↓ ↓ ↓

人類を救いたい。

↓ ↓ ↓

実験中の心の使い方

           

           

           

人類を救済するのは、物質では、環境を変えることでは、無理。

           

           

           

人類を救いたい。

地球温暖化で災害が多くなってる。

人間同士で争うことは後を絶たない。

資源には限りがある。

別れは必ず訪れる。

みんな死ぬ。

気をつけてても

事故に巻き込まれる。

災害に巻き込まれる。

感染してしまう。

お金を持っても持たせても

避けられない。

先延ばしや一時しのぎ出来るかもしれないし

あっさりくたばっちゃうかもしれない。

お金や技術や頑丈なもので武装しても

それを超えるものに襲われたらやられてしまう。

世の中や社会をすべての人間が生きやすくは出来ない。

どんな体の状態でも

どんなに生きずらい社会、世の中でも

この心の使い方をしたら乗り越えられる

という心の使い方があれば

すべての人間にこの心の使い方を身につけさせられたら

これが全人類を救済するってことではないか。

           

           

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

           

本来こうやってなきゃいけない
体と心の使い方
のまとめ

           

腹圧呼吸でおなかをへこませず、
息を吐くときも圧をおなかの外にかけるように意識して
おなかまわりを「固く」する

           

実験中の心の使い方

俯瞰してみているイメージをする。

自分を外から見る。

どんどん離れて日本~地球~宇宙

と離れていく。

広がっていく。

そうやってイメージで遊ぶ。

死んで

朽ち果てて

植物の芽が出て

虫が寄ってくる

動物に食べられる。

そうやってイメージで遊ぶ。

人類の歴史、人類の未来

地球の歴史、地球の未来

宇宙の歴史、宇宙の未来

家族の歴史、家族の未来

そうやってイメージで遊ぶ。

生命の一生

人間の一生

自分の一生

そうやってイメージで遊ぶ。

           

           

           

           

いじめや嫌がらせから抜け出す方法は、
必ずあります。

電話やメールで相談したり、
いま起きていることをメモに記録したり、

他の人たちの経験を参考にしたり、

イザとなったら弁護士や警察に相談することだってできます。

このサイトにはいろいろな方法がのっています。
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/08/12/izime/

           

           

           

           

ハプニングやスクープを投稿したらお金になった。
↓ ↓ ↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZLP1D+9ZLUXM+3X86+5YJRM

           

           

           

            

お問い合わせはこちら
https://ws.formzu.net/fgen/S28502260/

メールが確認できれば48時間以内に返信いたします。
このやり取りをQ&Aコーナーで使わせてもらいますが
よろしいでしょうか?

毎回の仕事の内容を
インスタ記事にしてます。

◆インスタグラム記事◆

2019.3/19
港区西新橋の工事現場で
オフィス什器搬出作業。
ロッカ-、テ-ブル、椅子を地下から階段で一杯上げました。

2019.3/14
渋谷区笹塚の工事現場で
パネルハウス、水洗トイレ解体手伝い運搬作業。
職人が解体したのをどんどんトラックに積み込みました。

2019.3/11
港区港南のビルで
什器の搬入手伝い
重たいのを台車に立てにして運びました。

2019.3/2
豊島区東池袋サンシャイン60で
レイアウト変更、ダンボ-ル逃がし、新規什器の開梱、設置。
エレベーターから降りてきたのをトラックに積み込み、別のトラックが持ってきたのをエレベーターに積み込みました。

2019.2/27
虎ノ門の工事現場で
事務什器等搬入作業。
4トントラック2台から
ロッカ-台車に乗せてスロープ下ろして設置しました。

2019.2/22
大田区南蒲田のビルで
什器、備品搬入設置作業。
面接会場の仕切りをトラックから下ろして設置しました。

2019.2/20
板橋区熊野町で
厨房機器撤去作業。
外したのをどんどんトラック2台に積み込みました。

2019.2/18
吉祥寺東町の工事現場で
キッチン部材搬入、開梱作業。
階段狭くて足場外して外に出っぱらして階段上げました。

2019.2/14
台東区東上野のマンションで
養生、廃材搬出、積み込み作業。
解体中だからあとからあとから廃材が出る。昼休みで打ち切りました。

2019.2/12
渋谷区宇田川町の工事現場で
ゴミ出し、清掃作業。

2019.2/6
文京区本駒込で
家具、建具搬入作業。
トラックから階段で二階、三階に運びました。へろへろになりました。

2019.2/5
練馬区高野台のビルで
アンテナ、ケ-ブル搬出作業。
屋上から長いのを階段で下ろして、
あとは台車でエレベーターで下ろしました。

2019.1/25
月島の工事現場で
家具、建具搬入作業。
トラックから四人がかりで上当たらないように屈みながら運ぶのがきつかった。

2019.1/24
杉並区上荻で
システムキッチン部材搬入作業。
トラック三台分を三階から五階まで階段で上げました。へろへろです。

2019.1/23
世田谷区経堂の店で
厨房機器撤去作業。
トラック三台に満載になりました。

2019.1/22
足立区六町の工事現場で
キッチン部材搬入、開梱作業。
トラックからロングスパンの回りに下ろして積み込む人間と上の階でストップ言って下ろす人間に別れてやりました。各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/18
京王線の仙川の工事現場で
キッチン、部材搬入、開梱作業。
トラックからエレベーターの回りに下ろしてエレベーターで上げて各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/17
墨田区文化の工事現場で
キッチン、洗面台搬入、開梱作業。
トラックからエレベーター前に運んでエレベーターで上げて各部屋に運んで開梱しました。

2019.1/16
葛飾区東四ツ木のマンションで
キッチン部材搬入作業。
トラックから台車で運んでエレベーターで上げて部屋に下ろしての繰り返し。

2019.1/15
新井薬師の近くのマンションで養生、廃材搬出、積み込み作業。
部屋やベランダの廃材を全部廊下に出して、トラックに運んで積み込みました。

2019.1/7
渋谷区道玄坂のビルで厨房機器搬出作業。
階段下ろしてトラック2台にどんどん積み込みました。

2018.12/3
上野の国立科学博物館で
ホワイトボ-ド搬入、組み立て補助作業。
業務用エレベーターで地下に運んで職人に手を貸す。見てる時間が長かった。

2018.7/21
大道芸 を
フジテレビと自由の女神のそばでやってました。

しゃべりも面白いし
バックで流れてくる音楽もいいタイミングだし
技もすばらしい。

風船で何か作るのから始まって、
高い一輪車に乗ったままピンを三本ホイホイやったり、
紙袋に入ったビンが一瞬で麦茶が入ったワイングラスになったり、
剣三本とリンゴをホイホイ投げながら
リンゴをがぶりを繰り返しやってました。

けっこう多くの人がお金渡してあげてました。

2018.7/17
羽田空港第1ターミナル の三階で
厨房機器入れ替え作業。

荷物用エレベーターから厨房まで養生シ-トを敷いて、
古いのを外して狭いところを持ち上げて
入れ替え作業しました。

2018.7/1
東宝スタジオの3スタジオで
什器運搬作業。

きのうビニールシ-トでくるんでおいた
発泡スチロールの砂浜と発泡スチロールのでかい岩を
大型トラックに積み込み。

でも前の現場の作業が終わらなくて
トラックなかなか来ませんでした。

2018.6/28戸越銀座 の保育園の新築工事現場で
建具搬入作業。

トラック三台分二階と三階にリレ-で上げたり、
二人で上げたりしました。
各部屋に運んで設置しました。

           

引用元⇒インスタグラム

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

気楽に働くとは日雇いの派遣のこと。 #派遣
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/04/02/haken/

人に歴史あり。マイファミリーヒストリーはこちらを御覧ください。

プロフィール 宅急便時代

プロフィール 便利屋時代

プロフィール 自衛隊時代。

プロフィール 少年時代 

アンテナサイト

youtube
竜馬と空海にはつながりがあった。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

動画

まとめサイト




メルマガです。
↓ ↓ ↓

https://canyon-ex.jp/fx19669/sSLEIx

LINEです。
↓ ↓ ↓
友だち追加

インスタです。
↓ ↓ ↓
Instagram

コメントを残す

*