奥義

強い人はなぜ強いのか、その理由がわかれば自分も強くなれるのか?科学的方法で練習を続ければ、無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義

敵と組んだとき、
三船十段はひょんひょんと舞うみたいな動作を取ります。

その動きは、敵の不随意の運動つまり
「とっさの動き」を阻害するように働き、
敵を“物体化”してしまいます。

だから軽く振られただけで
重心が外され転倒してしまうのです。
↓ ↓ ↓

強い人はなぜ強いのか、
その理由がわかれば自分も強くなれるのか?

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義

クリックで各見出しに飛びます。 右下のマルをクリックすると 戻って来ます。

           

           

           

科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できる

●拳が速いほどパンチの衝撃力は増えるの?

●ストレート・前蹴り・フックに比べて回し蹴りがよけにくいのはなぜ?

●頭突きの威力はどのようなもの?

●パンチが当たる瞬間、拳を固く握りしめる意味はなに?

●グローブ使用でも安全とはいえないって本当?

●レスリング出身の選手は、アッパーなど突き上げるパンチが強い?

●回し蹴りは「足が胸から生えているつもりで蹴る」と聞いたがどういう意味?

●伝統空手の前蹴りとムエタイの前蹴りはどう違うの?

●首相撲からひざ蹴りへの攻撃に対処する方法はあるの?

●打撃技につかみを入れると有利になる?

●腕ひしぎ十字固めは、一度極まるとなぜ逃げられないの?

●柔道の技に対抗するにはどうしたらよい?

●握力の強い相手に手首を握られたとき力に頼らずに抜く方法はない?

●強力な素手の突きをどうやって防げばいい?

●サンドバッグが大きく揺れるパンチを顔面に浴びても平気だった。なぜ?

●「筋トレでつけた筋肉は役に立たない」という説は本当?

●グローブ使用の試合と素手の拳の闘いはどのように違うの?

●木刀の使い方を心得た相手にどう立ち向かえばよい?

●合気道や太極拳にかぎらず、伝統武術の強さの秘密はなに?

■第1章 打撃の科学

■第2章 突き・パンチの科学

■第3章 蹴り・キックの科学

■第4章 つかみ・投げ・極めの科学

■第5章 防御の科学

■第6章 稽古・練習の科学

■第7章 武器・実戦の科学

           

           

           

私はもともと虚弱体質で、
スポーツは苦手、
まして格闘技など
恐ろしくて近づくことさえできませんでした。

現在の私は60代後半ですが、
大学の打撃系格闘技部の主将クラスに
「見えない突き」を当てたり、

合気道部や柔道部の黒帯が踏ん張っていても、
簡単によろめかせたり倒したりできます。

自分でも信じられないほどの変化です。

これは、
私が「強い人はなぜ強いのか、
その理由がわかれば自分も強くなれるのか」という疑問を解くべく、

長年、科学的に格闘技を研究し、
解明した成果を自分の体で実践してきたからです。

この本は、
研究の成果をわかりやすく解説したものです。

素質のある人はもちろん、
自信のない人も、

この本で解説した
科学的方法で練習を続ければ、
無駄な汗をかくことなく上達できるに違いありません。

昔の名人たちは命を賭けた修業の末に達した極意を
「和歌」として残しました。

私も科学的研究によって解明したことの一部を、
わかりやすい「どどいつ」として記してみます。

第1章「打撃の科学」と

第2章「突き・パンチの科学」、

第3章「蹴り・キックの科学」では、

           

           

           

数多くの打撃技の衝撃力発生のメカニズム、
「鋭い」あるいは「重い」衝撃力を発生する原理と、

そのための合理的な体の動かし方を解説しました。

拳を相手に触れた位置から突く技や、
一度のキックで二度蹴る技も解明しました。

頭部に鋭くボディに重く 使い分けよう打撃技

腕のパワーに頼るは迷い 強いパンチは腰で打て

足は胸から生えると思え 威力倍増回し蹴り

第4章「つかみ・投げ・極めの科学」と

第5章「防御の科学」では、

いろいろな投げ技や関節技の力学的原理、
体格にまさる相手の突きや蹴り、

体当たり、つかみを、
相手のパワーを無効にして
小さな力で防いだり反撃したりする方法などを解説しました。

投げは3つの回転軸で 崩し回して地に落とせ

腕の構造弱点知って 手首極めれば飛ぶ相手

力で受けるな突き蹴り当たり そらしいなして反撃へ
引用元格闘技の科学 力学と解剖学で技を分析!

           

           

           

最も基礎的なことが奥義

よく武道や格闘技の漫画に奥義って出てくるじゃないですか。

実際の武道・格闘技の場合、奥義ってないんですよね。

中国武術などはもしかしたらあるのかもしれないですけど、

日本の武道にはないですよ。

空手にもありません。

           

           

           

奥義、すなわち「特別」なことってないんですよ。

ただあえて奥義といえば、

それは「基本稽古」が空手の奥義なんですよね。

空手の世界には、

「空手の奥義は基本にあり」

という言葉があります。

この言葉、日本人特有の謙虚さを表しての言葉じゃないんですよ。

んなわきゃないだろ!

基本稽古なんて準備運動!

と思っていた時期もありましたけどね。

↑これね、武道の経験者なら凄くわかってくれると思いますw

でも経験を積んでいくうちに、実感したんです。

基本に奥義があるって。

基本・・・最も基礎的なことが奥義。

その通りだと思います。

おそらく日本の武道は、そのほとんどが奥義を最初に教えますよ。

物事って何でもそうでしょうけども、上達してくると、

だんだん基本をおろそかにしてしまうんですよね。

少し専門的な話になりますが、

空手に関して言えば、派手な技、

トリッキーな技、多彩なコンビネーション、

そんなことを覚えたがるし、

組手や試合で使いたがるんです。

それを覚えることを否定はしません。

そういった技を器用に使える人は、

それはそれでいいですよ。

でも、怖いのは基本的な技のクオリティーが高い人、

それが一番怖いし、嫌な相手なんですね。

最終的には、多彩な技が使える人よりも、

そうした人が勝つんですよ。

希に基本的な技がうまくて、技が多彩という

天才もいますけど(^_^;)

でね、そうした基本的な技のクオリティーを上げるには

どうしたらいいかというと、

単純に日々反復していくしかないんです。

           

           

           

反復稽古するしかないんですよ。

そうやって、体に技を染みこませ、

その技を考えなくても「自然」と出るように、

「反射的」に出るようにしないといけないんですね。

僕はね、人生における基本、すなわち奥義ですよね、

それは日常にあると思うのです。

日常の生活の中に学びがあるし、

そこにより良い人生を生きる為の奥義があるんですよ。

宗教にはまったり、スピリチュアルにはまったりして、

特別な教えを聞いたところで、

日常生活には役立ちませんって。

そんなものをお勉強する暇があったら、

一所懸命に働けばいいんですよ。

日常を精一杯生きればいいんです。

それもせずに、神様がどうの、

スピリチュアルな教えがどうのなんて、

脇道にそれ過ぎどころか、無駄なことをしているだけです。

時間は貴重ですよ。

そんな無駄なことをせず、日常を精一杯生きましょうよ。

日常での学びこそ、人を成長させるのですから。

引用元⇒空手の奥義は基本にあり!人生の奥義は日常にあり!

           

           

           

体内で発生した電気が、
敵を麻痺させるのではないか

           

           

           

敵を“物体化”してしまう動き

著者はまず、二足歩行する人型ロボットや
等身大フィギュアが
きわめて倒れやすいものであることを示す。

ロボットやフィギュアのような“物体”は
直立状態を支えうる重心の範囲が狭い。

人間ならとっさに足を動かして
重心をズラしバランスを取るところだが、

ロボットには(いわんやフィギュアには)
それができないのであっけなく転んでしまうわけだ。

 敵と組んだとき、
三船十段はひょんひょんと舞うみたいな動作を取る。

その動きは、敵の不随意の運動つまり
「とっさの動き」を阻害するように働き、
敵を“物体化”してしまう。

だから軽く振られただけで
重心が外され転倒してしまうというのがその解説である。

 著者が「究極奥義」を体得する過程は
たいへんにあっけない。

やはり武道の修行をしていた知人の
数学者・木村達雄氏が「合気」をマスターし、

極真会館長・松井章圭を投げ飛ばしたというのを知り
道場を訪ねたところ、

そこで聞かされた言葉にピンときて
できるようになったというのだ。

 木村氏は
「松井さんを安定した
倒れない状態にしているシステムのスイッチを切ってあげる」
といいながら松井館長の肩に軽く触れ、

そして著者に突いてみろと促した。

いわれたとおりに著者が
へなちょこな突きを入れると、

なんと、鉄壁の構えを取る松井館長が
すっ飛んでしまった!

 木村氏の解説はこうだ。

科学の足場に踏みとどまる努力
〈いくら鍛え抜いた人でも合気によって
人間存在の基本的なシステムの働きを止められたならば、

マネキン人形や銅像のような単なる物体になってしまうために
小指一本で押されただけで倒れてしまう〉

           

           

           

 

「空気投げ」の秘密は敵を
“物体化”することにあった。

「究極奥義(合気)」も同様であることを、
著者は数学者の言葉に発見する。

〈本当の武道家や格闘家ならば、
木村さんの説明を聞いただけで喜ぶわけはない。

だが、この僕は理論物理学者だった。

           

           

           

電磁場がその電気の作用を
伝えているのではないか

(中略)理論的にそうなるとわかった自然現象は、
この宇宙の中では現に存在する! 

そう信じて疑わない理論物理学者のみが、
木村さんの言葉に涙するのだ〉

 そうして涙した夜、
著者は神秘的な体験をし、
翌朝には「究極奥義」を操れるようになっていた。

さらには相手に指一本触れずとも掛けられることがわかった。
著者が念じるだけで敵が“物体化”してしまうというのだ。

 本書のいちばんの突っ込みどころはここだろう。
やっぱオカルトじゃん、と本を投げ出しそうになるわけだが、

〈やれ「超能力」だとか「気の力」、
さらには「波動」あるいは「霊力」だなどという

テレビにもてはやされそうなトンデモ解説〉
は絶対にダメだと著者は先回りをする。

 まだ発見されていない
未知の力があるのではないかという説も、

この宇宙の中に存在する力は「重力」と「電磁力」、
原子核内部の「弱い力」と「強い力」
しかないと退ける。

 あくまで科学に踏みとどまろうとする著者が思いいたったのは
「(生体)電気」と「電磁場」だった。

 つまり、体内で発生した電気が、
電気ナマズや電気ウナギなどと同じような具合に
敵を麻痺させるのではないか、

離れている場合には
電磁場がその電気の作用を伝えているのではないか、
と考えたわけだ。

著者が脳波計と筋電計を使って集めたデータを見ると、

技を掛けた瞬間、
たしかに妙な現象が起こっているようではある。

 著者が最終的に立てた仮説は次のようなものだった。

〈精神的内面を『無の境地』にもっていくことで

前頭葉運動野における
意識的神経活動を

小脳における
無意識的神経活動に
限りなく同調させた結果として

神経に生じる電気変動を
敵の筋肉組織につながる神経システムに伝え、

それを微弱帯電させることで

敵の神経システムの機能を停止させる(ブロックする)ために
敵の筋肉組織が麻痺してしまう〉

 ちょっと文章がヘンだがいわんとするところは理解できるだろう。
科学とニセ科学を区別するさいにまず問われるのは、
その仮説が反証可能であるかどうかだから、

著者の仮説はその意味ではニセ科学には踏み出してはいないということになる

(電気じゃない、という証拠が見つかれば崩れるわけだから。
全身絶縁した相手に掛かるかやってみれば一発で白黒つくと思うんですが)。

読後感さわやかな「奇書」、
冷笑するのはモッタイナイ

 仮説なので当然ながらこれが
「究極奥義」の秘密と決まったわけではなく、

本格的な研究はこれからだと著者もいっている。

 正直なところ、
素人目にもかなり無理のある仮説であるように映るし、

なんで著者が突然「究極奥義」を
使えるようになってしまったのかという謎も手つかずで残っており、

「未科学」よりもっと前の、
かなり脆弱な基盤に立ったアイディアといった段階だろうか。

 とはいえ、いろいろと楽しめる要素にあふれた
ちょっとお目にかかれない奇書だけに

(著者が技を繰っている分解写真だけ眺めても楽しいし、
読後感がやけに爽やかだから「自分探し本」としても悪くない)、

仮説が煮詰められていないからと
捨てるのは惜しい気がするのだ。
引用元⇒人が吹っ飛ぶ「究極奥義」を科学する~『武道vs.物理学』
保江邦夫著(評:栗原裕一郎)

           

格闘技や護身術では身体やいろんな道具や物が、

こんな使い方で武器になるんかいってのが分かります。

本物の実践護身術。
↓↓↓ ココから ↓↓↓
tatakaugizyutu

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

自由になるランキング #自由
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/12/29/ziyuu/

           

災害対策で備えておくべきランキング。 #災害対策
↓ ↓ ↓
http://ddggi.xyz/ikiru/2019/12/23/saigaitaisaku-4/

           

体の不調はここをグサッとやれば解決する急所があります。
 #はり #ツボ
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/02/28/hari/

           

身につけたいワザランキング  #ワザ
↓ ↓ ↓
http://kkeeii.link/douga/2018/08/06/waza/

           

ケガしても歳とっても関係なく
どこまでも走っていけるワザがあります。 #飛脚走り
↓ ↓ ↓
http://ppkki.link/otoku/2019/02/20/hikyaku/

           

繰り返される被害、嫌がらせ。防犯カメラを設置して犯人を捕まえてやる。 #防犯
↓ ↓ ↓
http://kkeeii.link/douga/2019/12/06/bouhan/

           

いじめられてもあなたが何もしてこなかったら
どんどんエスカレートしていきます。 #いじめ
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/12/05/izime-3/

           

憎しみ、復讐を肯定すると勇気、行動力を与えてくれます。 #護身
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/12/04/gosin-2/

           

「憎しみ」と親しむ。平和に見えて死と隣りあわせで生きてます。 #護身
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/12/01/gosin/

           

本物の実践護身術。
↓↓↓ ココから ↓↓↓
tatakaugizyutu






           

           

無分別を考えるとそれを楽しむことが出来る。

憎しみは力を与えてくれます。

自分が実は

気づかずに持ってる差別に気づき

その差別を憎むことで

その差別から自分を自由にすることが出来ます。

           

これは嫌だ。抵抗あるってのは

何か差別してるんだと考えます。

出来ればその差別自体を見極めて

その差別を嫌う。

その差別を憎んでください。

憎しみは力になってくれます。

           

このまま平穏無事はいいけど

破滅や失うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

自分をいやしめて

いくじのない卑屈な人間を演じるのが悔しいのは

かっこいいのはいいけど

みっともない、ぶざま、かっこ悪いのは嫌だっていう差別です。

そんなことにこだわってる自分を嫌ってください。

そんなことにこだわる自分を憎んでください。

           

普通や尊敬されるのはいいけど

異常者扱いや軽蔑されるのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

仲良くしてるのはいいけど

争うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

脱力はいいけど

力使うのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

こう考えると身体使うことに積極的になります。

           

賞賛されるのはいいけど

批判や失望されるのは嫌だってのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

こう考えるとリングに上がるのやステージに立つのが楽しくなります。

           

上手くいかないのと

上手くいくのを

こっちがいい

あっちは嫌だっていうのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。

           

飢えと寒さで公園のベンチで死ぬのと

家族や仲間に看取られて

みんなの気持ちを感じながら死ぬのと

あっちは嫌だ

こっちがいいっていうのは

差別だと思います。

あっちもよし。こっちもよし。

ってのが自由だと思います。
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/08/31/mubunbetu-2/


           

           

丹田とは腹横筋と肛門の筋肉です。

・腰痛対策は

動作の直前に腹横筋というインナーマッスルを動かすこと。

それは「お尻の穴をすぼめる」です。

・骨盤底筋群のトレーニング。

女性は膣を、男性は性器と肛門の間あたりを持ち上げるイメージです。

おしっこを我慢するとき、

おしっこを途中で止めるときの力の入れ方をします。

・誤嚥性肺炎予防

1日5回、10秒間「思いっきり」口を開ける。

           

           

この辺りの情報については、下記記事も参照ください。

           

グレタ・トゥンベリさんも世界中の首脳も国連も知って欲しい
地球温暖化対策。ユーグレナ (企業)がやってることを
世界規模でやればいい。 #地球温暖化
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/24/tikyuondanka/

           

引きこもり、孤独老人、ニートの社会復帰や人と繋がっていく手順。 #無分別
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/10/10/mubunbetu/

           

お金持ちになる方法と
いじめに立ち向かう方法と
生き方、見方、頭の使い方。 #遺言
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/08/29/2719/

           

いじめ編

いじめに立ち向かう。やられたらやり返せ。
でないとどんどんエスカレートする。 #いじめ
↓ ↓ ↓
http://kkeeii.link/douga/2019/08/25/izinenitatimukau/

           

「イジメの時間」レビュー。いじめに立ち向かう。
戦略としての引きこもりで脳に成功回路を作る。
「道連れにする」という目標で覚悟を手に入れる。 #感想
↓ ↓ ↓
http://uuooy.xyz/kaku/2019/08/25/izimenozikan-2/

           

「いじめられたらチャンス」コピペ記事。路上ライブ乞食をやれ!
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/07/31/izimetyansu/

           

無分別を考えるとそれを楽しむことが出来る。
思い込みに気づくことは身体を慣らすことに繋がっています。
心を解き放つのはこう考えるだけで可能です。 #無分別
↓ ↓ ↓
http://www.uuooy.xyz/kitui/2019/08/31/mubunbetu-2/

           

漫画編

「ヒメゴト~十九歳の制服~」レビュー。思春期症候群のような生と性の症状。
社会学的にも、娯楽としての漫画としても素晴らしい作品です。 #症状
↓ ↓ ↓
http://uuooy.xyz/kaku/2019/08/29/himegoto-2/

           

お金編

お金持ちになる方法をタダで知りたい人はどうぞ御覧ください。
外に出て働けない人。副収入が欲しい人。どうぞ利用してください。 #収入
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/28/okanamotininaruhouhou/

           

引きこもりだけど短時間の仕事から慣らしていきたい。
引きこもりニートの社会復帰。 #引きこもり
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/25/hikikomori/

           

気楽に働くとは日雇いの派遣のこと。 #派遣
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2018/04/02/haken/

           

稼ぐ方法は路上にある。#路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/01/rozyouraibu/

           

路上ライブは人類を救う仕事です。 #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/04/rozyouraibu-2/

           

現在進行形の路上ライブ実践記。その1. #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/09/07/zissenki/

           

現在進行形の路上ライブ実践記。その2. #路上ライブ
↓ ↓ ↓
http://nbbbi.link/jungle/2019/10/03/zissenki-2/

           

インターネットを使って金銭を恵んでもらって生活させてください。
クラウドファンデイングアフィリエイト(乞食アフィリ)の手順。 #ネット乞食
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/01/kouken/

           

クラウドファンデイングアフィリエイトページ
本日ぜひあなたに商品を購入して 支援していただきたい人(実は自分です)。
「ひざが痛くて働けない。61歳」です。  #クラウドファンデイングアフィリエイト
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/03/pe-zi-2/

           

きっと誰かの役に立つメルマガとレポート。
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/08/29/merumagarepo-to/

           

情報商材のランディングページ見てしまうと
「やらないで後悔したくない」と手を出しては
うまくいかないを繰り返してました。 #懺悔
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2019/07/01/zange/

           

インスタグラムで見るいろんな現場のいろんな仕事。
↓ ↓ ↓
http://www.ka2.link/taiken/2018/08/20/genba/


           

あなただから思いつける、世界を救うアイデア募集
↓ ↓ ↓
https://nipponfoundation-billion.jp/

           

以上
強い人はなぜ強いのか、その理由がわかれば自分も強くなれるのか?科学的方法で練習を続ければ、無駄な汗をかくことなく上達できる。 #奥義
でした。

           


           

           

もっと下にコメントするところがあります。


コメントを残す

*