怒り

喘息

にこやかに、何度も話をしていくことで、 子供はその方法論を身につけながら大人になっていく。

子供が親や同級生を殺すような事件に 共通していることがあります。 それは、「親が暴力的だった」こと。 つまり、暴力的な方法論を教えたということです。 気に入らない相手に対して、 怒って怒鳴って自分の思いどおりにしようとす […]

怒り

被害の穴埋めよりも自分の腹の虫を収めたい。

どんな時に怒るのかをリサーチしてみると、 相手が「言い訳をした時」 という人がとても多いようです。 さらに調べてみると、その逆もまたしかりで、 「きちんと状況説明をしているのに、 「言い訳するな」のひと言で切り捨てられた […]

喘息

「信用を得るのは雜しいが、失うのはー瞬」という言葉は、 「旧来のやり方を無批判に続けなさい」という 奴隷化のための刷り込みだ。

怒りの現場で、よく出るセリフには 「信用を得るのは難しいが、失うのはー瞬」 という言葉があります。 これは、失敗した相手を追い詰める時によく使われる言葉ですが、 実はとて矛盾に満ちたものです。 まず、「信用を得るのは本当 […]

Music

「常識でしょ」は、情動を発火させやすい言葉ですから、 相手が使った瞬間に、 自動的にストップをかけるぐらいの感覚でいい。

どうも納得できないけど、 なにがどう違っているのか指摘しずらいのが、 「常識でしょ」戦法です。 ここでやっておかなければいけないことは、 「納得できない」という意思表示です。 もちろん、心から納得できれば反論せずに受け入 […]

Music

怒りが高まったら、高まった分だけ 言葉も丁寧にする。 それによって、前頭前野はより良い方向に活性化していく。

相手の言葉をよく聞き、 よく吟味してから反撃に移ると、 勝率はグッと上がります。 これを可能にするために、とても効果的なのが、言語です。 ただし、なんでもいいから喋ればいいということではありません。 言葉を使うとは思考を […]

喘息

「ま いったな、そんなことも知らないの、常識ねえなあ」といった使い方ですが、分 解して考えればほとんどがデタラメです。

実は怒りを考える上で、”常識”という言葉はかなりのクセモノです。 特に正論と結びつくと あたかもそれが万人に共通する、 共有知のように感じてしまうものです。 しかし、少し考ればわかるように、 ”常識”という言葉はいくらで […]

喘息

上司であれぱ、部下の失敗をかばうのが当然? 同僚ならば、助け合うのが当然? 部下ならば自分のいうことに從うのが当然?

通常、事態が思惑どおりに進んでいる時に怒る人はいません。    それどころか、 歓迎すべき状態であるほうが多いでしよう。 ということは、事態が予想どおりに動いたら、喜ばしい出来事のはずなのです。 たとえそれが自分にとって […]