泳ぐ

水中では「落としちゃった」 ぐらいの過失感覚が必要なのである。

私は腕を背中の後ろ方向へ回そうとする。
すると何かが引っかかっているようで回りにくい。
「回らないでしょ」
「回りません」

「なのに、皆さんは無理やり後ろに回して、
そこから腕を戻そうとしています。
だから負担がかかるんです。

横に出してやれば、楽なんです。

うつ伏せになって泳ぐので、
横に出すと水中を回すことになり、
隣にも迷惑をかけそうだが、
そうはならないらしい。

右腕を回す時は、体を右に開いているので、
右腕は水上に出ている。
左腕も然り。

横に出すだけで水から出ているのに、
さらに後ろに回そうとすれば転覆してしまう。

転覆しないように私たちは余計な力を使っていたのである。

腕は後ろではなく横ヘ。
こうすれば無理なく肩が回るというわけだ。
なるほど、理にかなっている。

「それと、皆さんは肩を回すのではなく、肩を上げています」

彼女の実演によると、
私たちは映画「アグムス·フアミリー」のフェスターのような
怒り肩になっているという。

「この肩で腕が回ります?」

確かに回りにくい。
途中ガクンガクンとぎこちない動きになってしまう。

前ヘ進もうとう気
持ちが強いので、
勢い、肩を前ヘ出そうとしてこの形になってしまうらしい。

水中では怒らず、撫で肩を保てばよいのだ。

「腕が上まできたら、
そこから下ろそうとしないで下さい。
下ろそうとすると力が人ってしまいます。

”下ろそう”ではなく、そのまま落として下さい。

腕がつらいから落としてあげる、
という感じです」

水中では「下ろそう」などという、力を伴う意志は厳禁。
「落としちゃった」
ぐらいの過失感覚が必要なのである。

「それじゃ、上を見ながら腕を回してみて下さい」

天井を見つめながら腕回し。
後ろにのけぞるようで、
これも回しにくい。

「下を見たら、どうですか?」

これまた、体がどんどん前屈みになってつらい。

「ですから、肩を一番回しやすいように頭の位置を決めて下さい。

そうすると、水中では
真下よりちよっと前を見るという形になるんですよ」

なるほど、クロールでは肩回しから目線を定めてゆくのである。
引用元
はい、泳げません

(「正解するカド」 Shindou x Saraka kiss scene)

(「いぬやしき」サイコパスが超能力を持ったらこうなる?)

(初号機が使徒を喰って、拘束具が外れる。TV版)

(「初号機が使徒を喰って、拘束具が外れる。TV版」が映画版ではこうなった。)

(「キングコング」コングが怪獣の舌を噛み切る。)

(巨神兵、東京に現る。)

水泳上達に効果のあるものだけを積み重ねたらこうなりました。

水嫌いな子供を短時間で泳がせることができました。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト


水泳ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

まとめサイト


息をしなくても酸素不足に陥らないための生理メカニズム。 なぜか私たち人間にもあるらしい。

人聞の祖先は泳ぐサルだったという進化説がある。

一般的には、狩猟生活を送っていたサルが、
生活上の必要(遠くを見る、闘う)から
直立歩行を始めて人間になったとされているが、
この説は真っ向からそれを否定するのである。

サルは海を泳いでいるうちに立つことを覚え、
人間となって陸に上がったのだと。

証拠のひとつは”徐脈という現象である。
アザラシやビーバーなどの水生哺乳類は、
陸上にいる時より水中にいる時のほうが、 
心拍数が減少するらしい。

息をしなくても酸素不足に陥らなないための生理メカニズム。
この徐脈がなぜか私たち人間にもあるらしいのである。

私のように水をこわがる人間は
かえって心拍数が増えると思われるが、
通常減るらしく、
それが海での生活の名残だという。

説を熱心に唱えているのは、
イギリス人女性のエレイン・モーガンである。

彼女によれば、人類と男が同じMANという言葉で表現されることが、
人類進化を考える上で偏見を生んでいるという。

サルの中にはメスもいる。
サルが狩猟だけをして生きていたわけではないのである。
「野生状態の成熟したメスはたいてい、
子をはらんでいるか、
生まれたばかりの子に乳を与えているか、
どんどん重くなるチピをぶらさげていて
自由に身動きがとれないかのいずれか」
(女の由来もう一つの人類進化諭)
エレイン・モーガン著、望月弘子訳どうぶつ社1997年)だった。

出産、子有てに追われる日々。
熱波に襲われ干ばつに見舞われた
鮮新世(約500万年前~200八万年前)は
食糧も得にくく、
メスたちには耐え難いものだったらしい。

そこで彼女たちは、
逃げ場として海を目指した。

海に入れば、肉食獸も襲って来ないし、
貝や魚などの食糧もある。

メスたちは貝を食べるため、
小石を使うことで
「道具の発見」に至る。

泳いでいるうちに水中では無駄である体毛を失い、
その代わり水との断熱材として皮下脂肪を備えたのである。

そして、水中から顔を出す姿勢の中から
自然と直立姿勢を覚えた。

それを見て、後からやってきたオスたちはその真似をした。

つまり、水によるメスザルの解放こそが、
人間の人間たるゆえん。

女性の先導で
人間は海辺で誕生したというわけである。
引用元
はい、泳げません

常識や間違いを一つ一つ排除し、
水泳上達に効果のあるものだけを積み重ね、
10年という年月をかけて完成したのがこの方法なのです。

(「君の名は。」予告2映像)

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


10年間研究してきました。
ある指導法に行き着き、
必要ないステップも分かりました。

(「キングコング 」コング・怪獣・ナオミワッツ、間一髪の連続でコングに惚れちゃう!)

人聞の祖先は泳ぐサルだった。

人聞の祖先は泳ぐサルだったという進化説がある。

一般的には、狩猟生活を送っていたサルが、
生活上の必要(遠くを見る、闘う)から
直立歩行を始めて人間になったとされているが、
この説は真っ向からそれを否定するのである。

サルは海を泳いでいるうちに立つことを覚え、
人間となって陸に上がったのだと。

証拠のひとつは”徐脈という現象である。
アザラシやビーバーなどの水生哺乳類は、
陸上にいる時より水中にいる時のほうが、 
心拍数が減少するらしい。

息をしなくても酸素不足に陥らなないための生理メカニズム。
この徐脈がなぜか私たち人間にもあるらしいのである。

私のように水をこわがる人間は
かえって心拍数が増えると思われるが、
通常減るらしく、
それが海での生活の名残だという。

説を熱心に唱えているのは、
イギリス人女性のエレイン・モーガンである。

彼女によれば、人類と男が同じMANという言葉で表現されることが、
人類進化を考える上で偏見を生んでいるという。

サルの中にはメスもいる。
サルが狩猟だけをして生きていたわけではないのである。
「野生状態の成熟したメスはたいてい、
子をはらんでいるか、
生まれたばかりの子に乳を与えているか、
どんどん重くなるチピをぶらさげていて
自由に身動きがとれないかのいずれか」
(女の由来もう一つの人類進化諭)
エレイン・モーガン著、望月弘子訳どうぶつ社1997年)だった。

出産、子有てに追われる日々。
熱波に襲われ干ばつに見舞われた
鮮新世(約500万年前~200八万年前)は
食糧も得にくく、
メスたちには耐え難いものだったらしい。

そこで彼女たちは、
逃げ場として海を目指した。

海に入れば、肉食獸も襲って来ないし、
貝や魚などの食糧もある。

メスたちは貝を食べるため、
小石を使うことで
「道具の発見」に至る。

泳いでいるうちに水中では無駄である体毛を失い、
その代わり水との断熱材として皮下脂肪を備えたのである。

そして、水中から顔を出す姿勢の中から
自然と直立姿勢を覚えた。

それを見て、後からやってきたオスたちはその真似をした。

つまり、水によるメスザルの解放こそが、
人間の人間たるゆえん。

女性の先導で
人間は海辺で誕生したというわけである。
引用元
「はい、泳げません」

サービスを利用するにあたって、
各種重要事項に同意、承諾、誓約をして頂く必要がございます。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


簡単に、そして安心してビットコイン取引をお試しすることができます。

伸ばすとさらに痛いが 元の痛みと伸ばした痛みが重なって、 痛みの出所が消えて和らぐらしい。

「”きれいな泳ぎですね”と人に言われたら、こう答えればいいんです。
”いや、泳いでませんよ、僕は伸びてるだけですよ”と」
「なるほど」

「だって、そのほうが格好いいじゃないですか」
見えないところで努力しながらも
「なんにもしてません」
ととぽけるのが、きれい基本なのである。

「脇を伸ばすのは、気持ちいいことなんですよ」
脇の下を撫でながら、小柄な服部さんもうなずいた。

彼女は四十代の専業主婦。
やっとのことで25m泳げるそうだが、
「私の中では泳げてる」と自信に満ちている。

「たとえばテレビの裏」
「テレビの裏?」
「そうです。テレビの裏側を拭き掃除する時、
隙間が狭いでしょ。
そこへ手を突っ込んで、
遠くまでグワアーッと伸ばす。
これが気持ちいい」

私にとって新鮮だった脇の下の動きは、
家事の世界ではごく当たり前に使われるものなのである。

「気持ちいいんですか?」
「なんかスッとします。
端まで届いたぞ、という達成感もあるし」

彼女は他にも物干し竿、
天井近くの壁など手が届きそうで届かない所の拭き掃除で、
同様の快感を得るらしい。

「男の人は大抵のモノに届くでしょ。
力があるからモノを動かせるし、
私のように小さくて力がない人間は、それができない。
ここを伸ばさないと解決しないんです」

脇の下をさする服部さん。

「つらいんですか?」

「なんで、私が掃除しなきやいけないんだ?
とは思います。でも、そう思いながらも
気持ちがいいんです」

テープルを拭く時も、彼女は立ち位置を定め、
そこから大きく左右に体をひねって
隅々まで拭く。
細かく動いて拭くのが面倒臭いという一面もあるが、
このほうが体が伸ぴてスツキリするのだそうだ。
彼女は陸上でも泳いでいるのである。

「それに私は四六時中、どこかが痛い。
痛みを癒すにはそこを伸ぱすのがー番です」

腰痛、手足のコリ、切り傷に至るまで彼女は伸ばす。
伸ばすとさらに痛いが
元の痛みと伸ばした痛みが重なって、
痛みの出所が消えて和らぐらしい。

よくわからないが、
「とにかく伸ばすことが大事」なのだ。
引用元
「はい、泳げません」

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所です。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


簡単に、そして安心してビットコイン取引をお試しすることができます。

全身の力を抜き、 脇を交互に伸ばしながら体をひねる。 これを繰り返せば、結果は自ずと表われるのだ。

伸背もたれに身をあずけ、目をつむってみた。
実際の寝返りは無意識なので再現できないが、
「あああ」とけだるい溜め息をつくと、
体が自然とひねられる。

確かに腕ではなく、
脇の下が伸び、
体がひねられ、
そのために腕が移動してその重みで体が返っている。
人間の動きは、
手足の細かい筋肉より、
外腹斜筋のような大きい筋肉を使ったほうが楽なのである。

水中では脇を解放すべし。

これまでの陸上人生、私は事あるごとに「脇が甘い」と言われてきた。
「もっと脇をしめてかかれ」と。

身を守るためにそうしてきたのだが、最早その必要はない。
甘く解き放ってあげればいいのである。

ところで腰は動かさなくていいんですか?

「高橋さんの動きはこうです」
桂コーチは立ち上がり、私の真似をした。
フラダンスのように腰だけくねくねふっている。

「バカみたいでしょ」と言わんばかりに彼女は腰をふった。
「そんな感じですか、私?」

「そうです。これでは意味ありません。こうではなくて、こうです」

彼女はしっかり腰を据え、
両腕を水平に広げ、
体を左右にひねった。
「ほら、こうすれば伸びるでしょ、外腹斜筋が」


喫茶店のお客さんたちも見つめる中、桂コーチはひねり続けた。
この脇の解放が水中ではエンジンになるのである。

それにしても彼女のこの肉体感覚は、
一体どこから来るのだろうか。

桂コーチは水泳選手を引退後、大事故に遭っていた。
赤信号で停車中に後ろからトラツクに迫突され、
前に停まっていた車との間に挟まれてしまったのである。
全身打撲により、
彼女はしばらく体がまったく動かせない状態が続いた。
動かそうとすると全身に激痛が走り、
寝たきり状態を余儀なくされたらしい。
そこで彼女は痛みをこらえながら、
プールでリハビリを行なったのだという。

「動けなくなって初めて、
体を動かすということがどういうことかわかったんです。
どこかが動くということは、
結果的にそう見えているだけで、
そこを動かすことじやなかったんです」

一般に水泳は、腕を伸ばし、肩を回し、
足で蹴って進むものと考えられている。
しかし桂コーチによれば、それらは見た目の結果にすぎない。

全身の力を抜き、
脇を交互に伸ばしながら体をひねる。
これを繰り返せば、結果は自ずと表われるのだ。

「”きれいな泳ぎですね”と人に言われたら、こう答えればいいんです。
”いや、泳いでませんよ、
僕は伸びてるだけですよ”と」

「なるほど」
引用元
はい、泳げません

楽譜がまったく読めません。そんな私でも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。むしろそのような方に向けて作りました。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


レッスンのはじめには、
秘密の楽譜の読み方をお教えしますし、
私たちのマネをすればいいだけのマネっこ練習法もあります。

死体と同じです。力を抜けば、浮いてくるんです。意志ではなく、あきらめの境地なのである。

「はい。皆さんに共通して言えることがあります」
桂コーチが人差し指を立てて言った。
私も?と思った。

「皆さん水をかこう、かこう、としています。
水をかこうとしないで下さい。
水をかいて進もうとしないで下さい」

彼女は両腕で手元の水をバシヤバシヤと自分の方にかいて見せた。
「こうやってかくと、
自分の体に波がぶつかって進みません。
だから、かこうとしてはいけないんです」

では、どうすればよいのか?、
水をかかずに、ここで何をするのか?

「水をおさえるんです。
水をおさえて、体重移動で、前に進むんです」

なるほど。まず、ゆらゆらをおさえるのだな、と私は理解した。
桂コーチが片手を水面に浮かべた。
私たちも真似をする。

「力を抜くと、浮力で手が浮いてきますね」
確かに浮く。みんなでうなずく。

「それをクッとおさえるのです」
浮ききらないあたりで、水を軽くおさえるのである。
しかし、ほんのわずかな力でおさえられるので、おさえた気がしない。
単に水中で手を止めている感じもする。

半ば気が動転している私は、
確認のため何度も繰り返しているうちに、
浮いているのか、おさえているのかわからなくなってしまった。

まわりの女性たちが「あら、ホントね」と口々に言うので、
私も調子を合わせ
「なるほど」とうなずきながら、
水中で手を浮かせておさえ、浮かせておさえた。
風でもあおぐように。

「浮こうとしないで下さい!」
桂コーチが両手を振り上げた。
彼女の声はプール中に響きわたり、
隣のコースにいる人々も思わず聞き耳を立てている。

「浮こうとして、水中で手を上げようとすると、
ものすごい力がかかってきます」

やってみるとわかる。
水中で両腕を下げ、そこから上ヘ持っていこうとすると、
水の重さで腕がよれそうになる。

「浮こうとすると、浮力を殺してしまうんです。
ですから浮こうとしてはいけません。
あくまで、浮いてしまうから、それをおさえるんです」

「浮こう」ではなく「浮いてくる」「浮いてしまう」。

意志ではなく、あきらめの境地なのである。

「死体と同じです。力を抜けば、浮いてくるんです」

いったん死ぬのか、と私は思った。
死体、死体、と念じながら、体を横たわらせる。

確かに初めは浮いているが、
しばらくすると足の方から沈んでいく。
どうしても死にきれないのだろうか。

「浮いてくる」というより「沈んでいく」感じ。
なにぶん死んだことがないので、このあたりの要領はよくわからない。

「それじゃ顔をつけて。それで頭をグッと沈めてみてください」

息を吸い込み、桂コーチの言うとおりに、
立ったまま頭を深く突っ込んでみる。

するとどうだろう。
ものすごい力で、自分の頭が浮き上がってくるではないか。

まるで、水から跳ね返されるようで、
私は驚き、頭が空っぽなのか、と思った。

考えてみれば「浮いてくる」ことを実感するには、
いったん沈まなければならない。
沈んだからこそ「浮いてくる」。

最初から「浮こう」とするから沈んでいくのである。

「すごいでしょ」
すごいです。

「これが浮力です。
だから泳ぐ時も、おでこで、水をおさえるんです。
おでこが天井を向いていたら、おさえられません」

おでこで水をおさえる。
手で水をおさえ、
ボールを抱えるように後ろへ回す。
足も左右交互に水をおさえ、
浮いてきたら、またおさえる。

おさえると、浮いてくる。
浮いてくるから、またおさえる。

これが水泳の基本原理なのである。水の中で生死の境をさまようのだ。

桂コーチが見本の泳ぎを見せた。
プールの中央からすっと水の中に入り、
水しぶきをまったく立てずに、ゆっくりと腕が回り、
気がつくと、岸まで着いていた。
水をかいたり、バタ足をした様子もなく、
なにやら水と水の隙間をすり抜けるような泳ぎ。

美しい泳ぎは「魚のように」と譬えられるが、
コーチの泳ぎは魚ではなく、海藻が流れるようだった。

「きれいね」「ホントきれい」
生徒たちが歓声を上げ、
私もつい、うっとりした。
こんな美しい泳ぎは見たことがなかった。
引用元
「はい、泳げません」

今日からゴルフスイングの悩みに関する
考え方が変わることでしょう。
なぜなら、ゴルフ上達に関する
多くの常識が間違いであることに気づくからです。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


ラウンドごとにスコアが安定しないので
「何をやっていいのかわからない…」と、
「挫折」の道をたどる方がほとんどなのです。