カテゴリー
一覧 下半身麻痺 不条理 介護 同情 子宮内膜症 子宮筋腫 悩み 情報 方法 月経 理不尽 生理 障害者 障害者の生理

障害者の生理を助ける一覧。障害者の生理に必要な情報一覧。

ボーダークラブ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-30/

ボーダークラブ。相談室。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-31/

           

           

ストリートディベート でやってること。
⇒https://www.ka2.link/dansu/kunren-29/

いじめられちゃうのは憎しみを使わないから。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#2.
 
イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

怒り、憎しみは快感だ。手軽な娯楽だ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#.0.

イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

怒り、憎しみは鬱の治療法だ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#0.
 
イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

憎しみをちゃんと使えてないのが勇気で
行動力って憎しみのことだ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#.0.0.

イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

↓↓苦しみに耐えられないのは同情を使えてないから。 

イエス  ノー  どっち?
↓↓あなたの意見を聞かせてください。

           

 

           

 
飄々主義を理解しているあなたに提案があります。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/

障害者の性欲のセックスワーカーの組織化担当オーガナイザー(組織者・主催者・まとめ役)をやってみませんか?

何をやるかの例。
・チームで話し合う掲示板。連絡SNSを立ち上げる。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-29/

・デジタルでつながれる支援を活用する。
⇒https://www.nhk.or.jp/shutoken/wr/20220128a.html

・活動員を集める(プロボノを活用する)。仲間に声かけてみる。
⇒https://www.servicegrant.or.jp/probono/

・「協同労働」に協力してもらう。
⇒https://jwcu.coop/about/assoc_cooperative/

⇒立ち上げプロセス一覧。

・活動内容、手順を具体化。
1、SNSでメッセージ、支援呼び掛け、活動報告。
2、安く、できれば無料にしたいので支援、クラウドファンディングで活動を支えていきたい。
・クラウドファンディングを活用する。
⇒https://camp-fire.jp/readyfor

・ほかの支援団体と同盟する(場合によってはそっちの組織に組み込まれてもいい)。
⇒https://kkeeii.link/douga/sienkatudou/#s.

           

           

           

           

↓↓“生理”を語ろう! 「障害×生理」誰にも言えなかった悩み」

↓↓「子宮を取りなさい」。
これは、障害がある女性たちが、実際にかけられてきた言葉です。

↓↓・痛み止めや吐き気止め、
ピルなど、何種類もの薬を飲み続けることなく症状を改善することができました。

↓↓・月経について 一覧。

↓↓・子宮筋腫について 一覧。

↓↓・子宮内膜症について 一覧。

↓↓・行動 一覧。

           

つらい症状を改善させる養生法の秘密をすべて公開しています。

⇒月経痛(生理痛)とは?

生理の直前から生理中にかけて子宮が収縮するために起きる、下腹部や腰の痛みのことを言いますが、
頭痛、胃痛、吐き気、めまい、腸蠕動痛・下痢などを伴うこともあります。
いずれの症状も、子宮の中(内膜)から放出されるプロスタグランディンという物質が、
いろいろな臓器の平滑筋という筋肉を収縮させることが、主な原因です。

東洋医学をベースに編み出した1日15分の簡単なエクササイズや
生活改善、漢方薬の活用を組み合わせることで、
つらい症状を改善させる養生法の秘密をすべて公開しています。

この方法を知ることで、薬の副作用におびえることなく、
不定愁訴に悩まされた我慢の日々から抜け出すことができるでしょう。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=54890

           

           

  
↓↓障害者の生理を助ける一覧。障害者の生理に必要な情報一覧。

いじめに苦しむ人を助ける一覧。いじめに苦しむ人に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/izime/

性差別に苦しむ人を助ける一覧。性差別に苦しむ人に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/seisabetu/

生活困窮者を助ける一覧。生活困窮者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/konkyuu/

性被害者を助ける一覧。性被害者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/seihigai-2/

障害者を助ける一覧。障害者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/syougai-2/

           

           

  
⇒2022年2月8日。AM10時くらい。
中野ブロードウエイを出た早稲田通りの歩道でストリートディベート&路上ライブ。
と中野ブロードウエイでストリートディベート呼びかけ。(ラインライブ)。
クリック出来ます。
・右手に持ったスマホでライブ配信(LINE LIVE)。
・左手に「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」の歌詞書いた紙。
・腹に
「いじめられちゃうのは憎しみを使わないからだ。
イエス                 ノー」
と書いた紙(議論の提案)をクリップで止めとく。
・イエスの先の地面にイエスと書いた紙を張った皿(お金恵んでもらう)。
・ノーの先の地面にノーと書いた紙を張った皿(お金恵んでもらう)。

↓↓ストリートディベート一覧。へ
⇒https://www.ka2.link/dansu/kunren-29/#.%20.

↓↓実証実験中。その1.
⇒https://www.ka2.link/dansu/kunren-29/#i..

↓↓実証実験中。その2.
https://rreey.xyz/suki/giron/#i..

           

           

障害者の生理を助ける一覧。障害者の生理に必要な情報一覧。

           

           

“生理”を語ろう! 「障害×生理」誰にも言えなかった悩み」

古今東西、多くの女性たちが人知れず悩んできたもの。「生理(月経)」。
とくに障害のある女性たちには、生理の悩みがいっぱいだ。
今年、世界27カ国で行われた調査では、日本では3人に2人が「生理について語りづらい」という結果が出た。
そのことは障害のある女性たちの置かれた状況にどんな影響を及ぼしているのだろうか?
誰にも言えない生理の悩み。2週にわたり、本音で語り合う!

           

障害のある女性たち、生理用品の工夫は?

生理(月経)とは、妊娠に備えて分厚くなっていた子宮の内膜がはがれ落ち、血液とともに排出される現象のこと。
出血は3日から7日続き、およそ月1回の周期で繰り返される。

出血をケアするアイテムとして、一般的によく使われるものがナプキン。
昼用から夜用まで様々な種類があり、ゲストの安藤なつさんは、普段から大きめのナプキンを使うという。
このほか、タンポンという、膣内に装着して経血を吸収するアイテムもある。

しかし障害がある女性は、それ以外のアイテムを活用するなど工夫していることも。
車いすを使うようになってから、トイレに行きづらくなってしまったという小澤綾子さん。

そのため生理の時には、大判のナプキンや尿とりパッドを使用するように。

下半身の感覚がない東佳実(あずみん)は、オムツを使用し、尿と経血を一緒に吸収させているのだそう。

           

小澤綾子さんのお悩み「ナプキンを替えられない!」

障害がある人には、生理ケアの悩みがたくさん。

IT企業で働きながら歌手としても活動する、小澤綾子さん。
全身の筋力が低下していく進行性の難病、筋ジストロフィーと診断されている。
病気の進行で、3年前から外出時には電動車いすを使うようになった。

仕事やイベントなど、外出の機会も多い小澤さん。外出時には「多機能トイレ」を使っている。

どんなふうに使用しているのか見せてもらった。
まずは車椅子をトイレに横付け。
手すりにつかまり便座に移り、ナプキンを交換する。

「普通のトイレだと手すりがないし、車いすだと大きさ的に入れない。もう多機能トイレしか入れないですね」と話す小澤さん。

多機能トイレはどこにでもあるわけではないため、普段から場所をチェックするようにしているのだという。
以前は2時間おきにナプキンを交換していたが、今は6時間に一回。
多機能トイレがないからなのだが、ときには、悲劇に見舞われることも!

生理中のある日、仕事で初めての場所へ出かけた小澤さん。
把握できた最寄りの多機能トイレまでは往復で1時間以上。
普通のトイレは近くにあったが、車椅子では入ることができず、
なんと13時間もの間、ナプキンを交換することができなかった。

「つらかった。すごい血まみれになってしまって。下着も汚くなってしまって。ショックを受けました」と振り返る。

           

スタジオトークでは、同じく多機能トイレを必要とする車いすユーザーたちの誰もが同意。
中久保希穂さんは、多機能トイレ探しで苦労するため、
生理中には必要最小限しか外出せず、家に閉じこもることもあると話す。

生理ケアに介助が必要な人の場合、下着の着脱などを座ってできるベッド付きの多機能トイレが必要な人も。
しかしベッド付きのトイレは更に数が少なく、生理の際にはほんとうに困るのだと話す。

           

油田優衣さんのお悩み「生理介助はどきどきの連続!」

油田優衣さんは、全身の筋肉が萎縮していく進行性の難病がある。
24時間、日常動作のひとつひとつに介助を受けながら、地域で一人暮らしをしている。

ヘルパー制度を利用して6年目になる油田さんだが、いまだにドキドキすることがあるという。

それは、生理ケアの介助を受けるときのこと。
筋力が弱い油田さんは、自力でナプキンを交換することが困難。下着の着脱も、立ったり座ったりした状態では難しい。

 ナプキン交換はどのようにおこなっているのか、教えてもらった。

まずは車椅子からベッドへ、横抱きで運んでもらう。
そして横になった状態で下着とナプキンを全て取り外してもらい、横抱きで便座へと移るのだが・・・。

そのとき、血がぽたぽたと垂れて、床やヘルパーの衣服を汚してしまうことがあるのだ。

「(血で衣服が汚れても)どうこう言うヘルパーはいないんだけど、小さな頃から、血で汚しちゃいけないっていう意識があるから。
ベッドから便座に移乗するときに血が垂れないように、みたいな。すごい気になったりする」と語る。

           

生理はよくないもの?

ヘルパー経験もあるゲストの安藤なつさん。
ヘルパーの立場としては、「経血で汚されても気にならない」と語りながらも、介助を受ける側の気持ちをこう想像する。

「もし自分が生理の時に、“ケアをお願いします”って言って汚した場合は、結構傷つくだろうな、って思う。
“やっちまった”みたいな。
なんでだろう?生理はよくないものだっていうイメージが多分、植え付けられているんじゃないですかね、まだ」。

           

油田さんのお悩みに共感するあずみんも、生理介助のどきどきを経験している。

「(ヘルパーの女性に)タンポンを使ったことない子が結構いて。
タンポンが正しい穴にちゃんと入っているかどうか、下半身の感覚がないから分からない。
説明もしづらいし、不安になる」結局、あずみんはタンポン使用をあきらめてしまったのだという。

           

「気持ちが違ってくる」世界の最新生理グッズ

障害のある女性たちが抱える、生理ケアの悩み。
そんなもやもやを解消してくれるかもしれないのが世界の最新生理グッズ!あずみんが取材に向かった。

大阪の中心にある百貨店に、スタジオゲストの中久保希穂さんが働く店がある。
「生理や性について、女性たちがオープンに話せる社会を目指す」をコンセプトに、世界中から最新アイテムを取り揃えて販売している。

特殊な生地ででき、ナプキン数枚分の出血を吸収し何度でも洗える「吸水ショーツ」。
生理中にお尻が蒸れて、荒れてしまいがちな車椅子ユーザーにおすすめの「デリケートゾン専用の保湿アイテム」。
なかでも、あずみんが気に入ったのは、小分けにされた「デリケートゾンを拭くためのシート」。
膣などの粘膜に刺激が少ない成分でできているのに加え、
小分けにさえているので、生理中に介助者に一袋渡して拭き取りを頼みやすそうだという。

こうした便利なアイテムを知ったあずみん。

「私の場合は常にオムツやから生理のときって憂鬱やし、家にいようってなるけど
(こんなアイテムがあると)ぜんぜん気持ちが違ってくる気がする」。

           

生理に関する情報がない

障害者が使いやすい生理ケアのアイテムも今回の取材で初めて知ったというあずみん。

「女の子同士でも“今日生理なんや”くらいで。生理に関する情報、“○○がいいよ”とか話さない」。

脳性まひで、あずみんと同じく生理のときに介助が必要なまいさんも、

「ほかの障害者女性が、トイレの中でどうやって生理介助を受けているのか分からないし、障害のある女性同士でも具体的に話すことがない」と語る。

「生理に関する情報がない」という問題が、大きなバリアになっていることが浮かび上がる。

番組ご意見番の玉木幸則さんは、障害がある女性たちが直面するバリアを知り、こう語る。

「情報が少ないから、それぞれ自分だけで悩みながらやっていかなあかんのやろな、ってことが今日は分かった。
いろんな情報が知れるようになっていけばだいぶ助かることもあるのでは」。
⇒https://www.nhk.jp/p/baribara/ts/8Q416M6Q79/blog/bl/pLX3Q03nzZ/bp/pQLr06pwbe/

           

           

障害のある人が明かす”生理の悩み” 「ナプキンを替えられない」ことも

車いすユーザーの女性 生理ケアの悩み

取材を始めると まず聞こえてきたのが「生理ケアに悩んでいる」という声です。

小澤綾子さんは『筋ジストロフィー』という全身の筋力が徐々に低下する進行性の難病で、
3年前からは歩くことが難しくなり、外出時に電動車いすを使うようになりました。

外出時のトイレの際には 障害者や高齢者などが使う”多機能トイレ“を利用しています。
車いすをできる限り便座に近づけ、手すりを使って移動します。

筋力が弱い小澤さんにとって 多機能トイレはまさに命綱です。

車いすを便器に横付けし、手すりを使って移る

普段から多機能トイレの場所を意識的にチェックしていますが、どこにでもあるわけではありません。
そのため生理のときは特にたいへんです。

かつて歩くことができたころは2時間おきにナプキンを交換していましたが、
今は6時間に1回だけ。日中一度も交換できないことも度々あるそうです。

仕事の出先に多機能トイレが無く、13時間ナプキンを交換できなかったことも。
経血が漏れて下着や服も汚れてしまい、ショックを受けたといいます。

           

小澤綾子さん
「歩くことができていたときには、ナプキンを替えられない状況なんて想像もしたことなかったんですけど。
車いすになって生理がすごく大変になりました。」

           

同じような悩みは取材で出会った多くの女性たちも抱えていました。

多機能トイレがなかなか見つからないため、外出時はオムツをするという女性も。
しかしお尻が蒸れて、かゆみが出てしまうのがつらいといいます。

車いすで利用できるトイレを探すことに苦労するため 生理中は家に閉じこもることもあるという女性もいました。

           

介助を受けるゆえの悩みも

また 生理ケアに介助が必要な女性たちは介助を受けるゆえの悩みも抱えていました。

油田優衣(ゆだ ゆい)さん、24歳。筋肉が萎縮する難病で 24時間の介助を受けながら1人暮らしをしています。

24時間の介助を受けて生活する油田優衣さん

筋力が弱く 自力で立ったり下着を脱いだりすることが難しいため、まずはヘルパーに抱えられてベッドへ移動。
横になった状態で下着とナプキンを外してもらいます。そして横抱きの状態で便座へ。

ベッドで下着とナプキンを外して 横抱きの状態で便器へ

移動する間に経血がぽたぽたと垂れ、床や介助者の服を汚してしまうことがあるそうです。

油田優衣さん

「汚してもどうこう言うヘルパーはいないけど、小さい頃から『血で汚しちゃいけない』という意識があるから、『嫌な顔されんかな』という怖さがどこかにずっとある。」

ヘルパーと信頼関係を築きながら自立生活をしている油田さんですが、
生理介助の際には緊張感や怖さを抱いていると語ってくれました。

           

生理に関する情報が無い

こうした悩みの声を聞かせてもらう中、多くの女性が同じような言葉を口にすることに気づきました。

「これまで誰とも生理の話をしたことが無いので・・・。
障害がある人が生理の時にどうしてるのか、すごく気になります。」

障害がある女性たちはみんな どんな生理の悩みがあって、
どのような工夫をしたり、介助を受けたりしているのか。
知りたいのに情報交換をしたことがない。

また ネットや雑誌を調べても、立って歩くことができる、
自分でナプキンを交換できるといった人たちに向けた情報しかありません。

生理ケアのバリアは高い上に誰にも相談もできず、情報も得られない・・・。
生理を語ることがタブーとされてきた社会のしわ寄せが障害のある女性に集中しているのではないかと感じました。

           

“子宮を取りなさい”

さらに取材を進めると、障害がある女性たちが経験してきた深刻な人権侵害の問題も浮かび上がってきました。
「子宮摘出手術」です。

1990年代半ばまで「生理介助の負担軽減」などを理由に、
障害のある女性たちが子宮を摘出させられる事態が障害者施設などで広く行われていたと、社会学者の瀬山紀子さんは指摘します。
⇒https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/53/

瀬山紀子さん (社会学者)
「過去、“生理の始末が自分でできない人は障害者施設に入れない”と言われて、子宮摘出や月経をなくすことを目的とした放射線照射を受けさせられた時代があったんです。」

社会学者・瀬山紀子さん 介助者としても20年以上の経験がある

そして、この残酷な歴史の背景にあったのは 社会のまなざしだったといいます。

「障害がある女性は、子どもを産まない/産めない/産むべきではないため、月経はなくてもよい/ないほうがよい」

実際に手術を勧められたという女性が自身の体験を話してくれました。

みかちゃんさん(仮名)52歳。筋肉が萎縮する難病で 介助を受けながら1人暮らしをしています。

           

ヘルパー制度を利用しながら、1人暮らしをする みかちゃんさん

みかちゃんさんは12歳から28歳までの16年間、障害者が暮らす施設で過ごしていました。
そこで中学生のときに女性職員からある言葉を度々投げかけられたと言います。

「面倒くさいから生理を止めなさい。みんな手術をしているんだから。」

毎月 生理がくる度に職員から嫌な顔をされ、次第に自身の体や生理に対し否定的な思いが強まっていったといいます。

みかちゃんさん
「『子宮はどうせ使わないし、取っちゃえばいいじゃん』と言われて。そっか、無きゃいいのかって。
自分に生理があることは本当に良くないことなんだと思い、自分が女性であるということを考えないようにしていました。」

さらに生理時のトイレ介助を男性の職員が行うこともあったといいます。
女性の職員に変えてほしいと施設に訴えても取り合ってもらえず、
恐怖を感じながら生理期間を過ごさなければいけませんでした。

みかちゃんさん
「私は『みかちゃん』という人間だけど、そのときは人間じゃないというか。女の子でもなかった。」

障害がある女性を 女性とも尊厳のある人間とも見なさない。そんな社会の中で苦しみを抱えてきた人たちがいたのです。

           

女性であり、障害者である二重の生きづらさ

この問題は過去のこと、施設での話として片づけられるものではありません。

24時間の介助を受けながら生活している油田優衣さんは以前、家族から似たような言葉をかけられた経験があるといいます。

「生理あっても、子どもを産むかも分からんのに。」

10年くらい前、中学生だったときに実家で油田さんの介助を一身に担っていたおばあちゃんが、ぽろっとこぼしたひと言でした。

           

油田優衣さん
「『(子宮摘出手術は)昔のこと』とみんな言うかもしれないけど、
重度障害がある私にとっては いつ言われてもおかしくない言葉。すごくリアリティがある話なんです。」

「あなたに生理はいらないよね」と言われたことがある人はどれだけいるでしょうか。
少なくとも私自身はありませんし、そこにリアリティを感じることもありません。

しかし女性であり障害者であるというだけで、こうした言葉をいとも簡単に投げかけられてきた人たちがいます。

そして今も危機感を感じながら、生きづらさを抱えている人たちがいます。

さらに、痛みを背負いながら沈黙せざるを得ない状況にあることが分かりました。

これが今の社会の現実であり、多くの人が見過ごしてきた問題だと気づかされました。

           

タブーなく生理を語るということ

もう一つ、今回の取材を通して気づいたことがあります。
それは「生理」について語ることが 人と人とを“つなぐ”ということです。

子宮摘出手術を促された みかちゃんさんが話してくれた言葉です。

みかちゃんさん
「生理でお腹(なか)が痛くてつらいこともありますが、
生理があることで女性としての生きやすさというか楽しさ、『ああ、こういうふうになるんだな』ということが経験できて、
みんなと話もできるから良かったかなって思います。」

生理は障害の有無に関わらず、多くの女性が経験するものです。
腹痛や気分の浮き沈みなどを伴う“つらいもの”でもありますが、多くの人がその痛みをひとりで抱え込んでいると思います。

その中で 介助が必要な障害のある人たちは、
自分の生理についての経験を望むと望まざるとに関わらず他人とシェアする必要があり、
生理について語らざるを得ない人たちでもあります。

           

だからこそ、“生理のタブー”を打ち破っていくことができる存在であること、
そして、障害の有無を越えて 人と人とがつながり合っていくこともできるのだと教えてもらいました。

そして今回、多くの女性たちが勇気をもって声をあげてくれました。

「自分たちの悩みや生きづらさについて知ってほしい。」

「障害がある女性が安心して生きられる社会にしたい。」

この声が1人でも多くの人に届き、障害がある人たちが置かれた現状に気づいてもらえたらと願います。

なぜ障害がある女性には子宮摘出手術が公然と行われてきたのか。
なぜ障害者の生理はこれまで語られることがなかったのか。
今この社会に生きるひとりの人間として、みなさんと一緒に考えていけたらと思います。
⇒https://www.nhk.or.jp/gendai/comment/0029/topic048.html

           

           

その裏には障害者と女性、二重の生きづらさが潜んでいる!

みかちゃんのコワイ話……「生理を止めなさい」

みかちゃんは全身の筋肉が徐々に動かなくなる病気で、ヘルパー制度を利用して埼玉で暮らしている。
趣味はスイーツ店めぐりで、「毎日なにか1個はスイーツを食べてます!」と話す彼女。
現在は一人暮らしを満喫しているが、以前は障害者施設で入所生活を送っていた。

12歳から28歳まで施設で過ごしたみかちゃん。
4人部屋でプライバシーは無く、トイレの時間まで細かく決められていた。

           

15歳のとき、みかちゃんの身にコワ〜イ事件が。
それは入浴のときのこと、介助に現れたのは、なんと男性の職員だったのだ。
その後も男性職員は定期的にみかちゃんの入浴やトイレの介助を、ときには生理のときにも行うようになったという。

みかちゃんは「すごい嫌だったし、“何で分かってくれないの?”って思ったし。
“あっち行って!”って突き飛ばしたかった。
私はみかちゃんっていう人間だけど、そのときは人間じゃないっていうか。女の子でもない」と感じていた。

           

そして女性職員からもコワ〜イ言葉が。

月に1回、生理が訪れるみかちゃんに「面倒くさいから生理を止めなさい。みんな手術しているんだから」という言葉を投げかけられたのだという。

みかちゃんは当時を振り返り、
「“生理なんて無くてもいいじゃん”とか“子宮もどうせ使わないんだから取ったら?”みたいな。
文句言われるし、男の人が生理のときも介助にやってくるし。
生理があった方が良いと思える環境ではなかった。
“自分が女性であるとは考えない方がいいんだろうな”って思っていたかもしれない」と語る。

           

異性介助は虐待

障害のある女性の抱える問題を研究し、介助者としても20年以上の経験がある社会学者の瀬山紀子さんは、みかちゃんの話を受けて、こう話す。
「過去、“生理の始末が自分でできない人は、障害者入所施設に入れない”って言われて。
子宮摘出や月経を無くすことを目的とした放射線照射を受けさせられた時代があったんです」。

異性介助に関して瀬山さんは、「国も障害者虐待の類型のひとつとして本人の意思に反した異性介助を繰り返すことは虐待にあたると言っている。
でも残念なことに今も身体障害のある人の入所施設で、『排泄の際の介助は同性介助に限定されている』という施設は6割。
それ以外は異性介助が行われる可能性がある。
施設に暮らしている中では自分の希望を声に出せないっていう人がいる可能性もある」と話す。
(同性介助に限られている61.2%、
希望すれば同性介助を受けられる24%、
同性介助に限定されていない13.2%、
無回答8%)

           

ゲストの安藤なつさん「“(人間としての)尊厳とは?”っていうことでしかない。
生理の話自体、友達同士でしゃべることもちょっと恥ずかしかったりとかするのに、
異性の人が入ってきて介助ってなると、どれだけ高いハードルを越えなきゃいけないの? 我慢しなきゃいけないの?って思う」。

「異性による風呂やトイレの介助は人権侵害」だと話すのは、番組のご意見番である玉木幸則さん。
「高齢者施設でもおばあちゃんを力のある男性職員が入浴介助するという場面があるが、
これ年齢とか関係なく、個人の尊厳の話。人権侵害だということをみんなと確認しておきたい」。

           

28歳で施設を出たみかちゃん。その後、生理に対する思いは変わったか、聞いてみた。

「自分で選んだ介助者の人たちがいて、サポートしてもらえているので、自分を守るすべをもつようになれた。
今、更年期ですけど、更年期の体験をみんなと話もできる。施設を出られて、よかった」。

           

まいさんのコワ~イ話……「くさい。汚い」

まいさんはヘルパー制度を使いながらアパートで暮らしている。
脳性まひで手足が動かしづらく言語障害もあるが、
一人暮らしを始めて11年、日常生活で介助をどう取り入れるか熟知し、ヘルパーとの関係も良く快適に暮らしている。
ただ、唯一介助を受けたくないと感じる場面がある。

           

それは生理のとき。

一人でナプキンを取り替えることが難しく、介助を必要とするまいさんだが、
トイレでヘルパーと二人きりになると「もう逃げ出したいっていうか。とにかく一人になりたい」と思うのだそう。

「生理介助を避けたい」と思うようになったのには理由がある。
13歳、学校にいたときに初めて生理が来た。
学校に派遣された介助員と二人きりのトイレで、生涯忘れられない、コワ~イ一言を聞いてしまったのだ。

「くさい。汚い」。

思わずつぶやいた介助員のことばに、生理介助を他人にさせるということは悪いことなのだと思ってしまったまいさん。
「生理になった自分が悪いし、生理になったらトイレ介助を受けてはいけないものなのかなと」。

そして「誰かに相談しても、“生理になったあなたが悪い”って言われるんじゃないか」と怖くて相談できなかったそうだ。

           

それから16年、今も、まいさんはヘルパーに生理ケアを頼みにくいという。
介助の数をなるべく減らそうとナプキンの交換は1日1回だけ。
下着の中がかぶれ、かゆみがあっても我慢するのが当たり前になってしまった。

           

まいさんの話を受け、大学院生で車椅子ユーザーの油田優衣さんはこう話す。
「まいさんの介助員さんって、きっと学校に雇われた人で、力関係的にも対等ではない関係だったんではないかなと思いました。そういう状況の中でクレームを言うとか、“これはヤダ”って言うのは本当に難しい」。

玉木さんは「学校にはメンタルケアなどの仕組みが必要では?」と話す。
「保健室の先生とか大人が“介助使ってみてどうだった?”とかきちんと聞く、そんな仕組みがあった方がいい」。

まいさんがこの体験を他人に話せたのは事件から10年後。
旅行先で生理ケアの介助を頼むことになった友達に「ごめんなさい」と口にした際、
「生理になるのは当たり前のことだからそんなに謝らないで」と言われたことで気が楽になったそう。
その友達に、中学校時代の体験を打ち明けることができた。

           

まずは話してみることが大事

生理の話しづらさの背景には、世間にある女性と障害者に対する偏った見方がある、と瀬山さんは考えている。
「生理(月経)は汚いとか恥ずかしいという感覚。それを多くの女性たちが持たされている。
そこに“女性は子どもを産んで一人前”といった見方が加わって、
そうじゃない女性がすごく肩身の狭い思いを持たされて生きている。
障害がある女性に対するすごく否定的な見方があるような気がしますね」。

           

安藤なつさんは、「男性と女性の体の仕組みの違いで溝がある。プラス(障害者が抱く) “生理の介助が申し訳ないな、頼まなきゃいけないな”っていうのが重なっちゃってるのって、やっぱりしんどいでしょうし、

そこの溝がどうやったら埋められるかを、こういうふうにみんなで話すことがすごく大事な気がしました」と語った。

           

これまで生理についてオープンに話せなかったというあずみんも、
「生理だけでなく、いろんな困り事をオープンにできるような世の中になったら、
障害者も健常者ももっと生きやすい社会になるだろうなって思いましたね」と話した。
⇒https://www.nhk.jp/p/baribara/ts/8Q416M6Q79/blog/bl/pLX3Q03nzZ/bp/pjMZym41av/

           

           

「子宮を取りなさい」。
これは、障害がある女性たちが、実際にかけられてきた言葉です。

生理については自分も経験しているのに、
それが「障害がある人の生理」となったとたん、
頭の中が突然「?」となった自分。

聞けば、悩みはたくさん。
車いすにずっと座った姿勢が続くので、ナプキンがどんどんずれていき、経血が漏れる。
車いすで入れる「多機能トイレ」が見つからず、外出時にナプキンを取り替えられない。
対策としてオムツを使うが、経血をうまく吸ってくれず、お尻が荒れに荒れる…。

「子宮を取りなさい」。
これは、障害がある女性たちが、実際にかけられてきた言葉です。

かつて、「生理介助の負担を軽減する」という目的で、多くの障害がある女性たちが、
「子宮摘出手術」を受けさせられた時代がありました。
わずか20数年前まで、障害者施設などで、広く行われていたことが指摘されています。
背景には、こんな社会の視線がありました。

「障害がある女性は、子供を産み・育てることはできない。
だから介助の負担が多い生理は、無くて良い」

障害がある女性を、女性とは見なさず、また権利がある人間とも見なさない。
そんな社会のまなざしが、
障害がある女性たちを追い詰めていきました。

実家で暮らしていた中学生のころ。
介助の負担を一身に背負っていたおばあちゃんが言った、言葉です。
「私に生理があるのは良くないこと。そんな風にどこかで思ってきた自分がいる」とも、話してくれました。
これが、私と同世代の、障害がある女性から見た、生理の景色でした。

障害がない女性で、「あなたには生理いらないよね」と言われたことがある人は、
どれだけいるでしょうか。
少なくとも私は一度もないし、
そう言われることへの、リアリティもありません。
でも、そこに危機感を持って生きなければいけない女性たちが、現実にいます。

「生理は恥ずかしい」とか「語ることははしたない」とか、
そんなこと言ってる場合じゃない。
⇒https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31815

バリバラ ~障害者情報バラエティー~
⇒https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=01192

#生理の話ってしにくい
⇒https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/tag/index.html?i=31385

本人の同意がなくても不妊手術を行うことができたのです。
それが、いま問題になっている「強制不妊手術」です。
被害を受けた人の数は、分かっているだけでも1万6千を超えると言われます。

“遺伝性”とされた疾患の場合は、不妊手術にかかる一切の費用を国が負担していました。
それ以外に、本人の同意を得て行う規定もありましたが、
障害者の立場がとても弱かったということを考えれば、本心からの同意だったのかはとても疑問です。
ハンセン病の方たちがそうでしたね。実態は限りなく強制に近かったことが分かっています。
⇒https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/53/

           

           

痛み止めや吐き気止め、
ピルなど、何種類もの薬を飲み続けることなく症状を改善することができました。

子宮筋腫・子宮内膜症により薬物療法で症状を抑えているが効かない。
医師からは子宮全摘や手術をすすめられたが子宮は温存したい。妊娠を望んでいる。
閉経まで時間がある。
症状が重く仕事や生活に支障が出て、精神的にもしんどいと悩んでいるあなた。

           

東洋医学をベースに編み出した1日15分の簡単なエクササイズや生活改善、漢方薬の活用を組み合わせることで、
つらい症状を改善させる養生法の秘密をすべて公開しています。

この方法を知ることで、薬の副作用におびえることなく、不定愁訴に悩まされた我慢の
日々から抜け出すことができるでしょう。

           

あなたは信じられないかもしれませんが、
痛み止めや吐き気止め、
ピルなど、何種類もの薬を飲み続けることなく症状を改善することができました。

しかも 1日15分間ほどのエクササイズと生活の改善を実践するだけで・・・。

たった 15分と聞いて、
あなたは「とても信じられない」「そんなはずはない」と思ったかもしれません。

でもこれは、15年以上の治療歴を持つ現役の柔道整復師・整体師が、
28日間(次の生理までの期間)で実際に結果を出したまぎれもない事実です。

では、症状が改善できた方たちはいったい何をしたのか?
その秘密を包み隠さず公開します。

           

現在、東京都東大和市で女性専門の整骨院を経営しています。

私の施術院には病院でいろいろ治療を試したけれど、
症状がなかなか改善されなかったような、難治性症状・疾患をお持ちの方が多く来院されます。

不安な気持ちで病気をあきらめかけていた方に、当院の施術技術や生活改善のアドバイスを受けていただき、
仕事や家事など日常生活に支障のないレベルまで体調を回復させてきました。

つらく、落ち込んでいた患者さんの表情が、徐々に明るい笑顔に変わっていくことが本当にうれしいです。
少しでもお体の不具合を取り除くお手伝いが出来ればと、日々奮闘しています。
今回、私が改善法をお伝えしようと思った理由はひとつです。

それは、子宮筋腫、子宮内膜症で悲痛に悩んでいる方があまりにも多いからです。
私の医院にも、症状改善のご相談で来院する方がとても増えています。

           

あなたには、私の改善法を実践することで、
子宮筋腫や子宮内膜症の症状は、薬に頼らなくても緩和して取り除くことが出来るという事実を知ってもらい、
二度とつらい症状に悩まされないで、健康で快適な生活を送っていただく方法を得て欲しいと思っています。

           

ある日、一人の若い女性が相談に訪れました。

彼女は30代の独身の方で、以前から生理が重く、
あまりの痛みのために動くこともできず、寝込んでしまうこともありました。
しかし、会社の仕事が忙しく毎日残業が続いていたため、
一時的な疲れだろうと産婦人科検診にも行かず、市販の薬で紛らわしていたのです。

           

自覚症状がない時は、生活スタイルを改善するようなことはしませんでした。
なんとなく不調が表れても一時的なものだと思い、特に深く考えることはしませんでした。
そして症状はどんどん辛くなり、悩んで、苦しんで、はじめて自分の生活スタイルを振り返り気がついたのです。

           

食品添加物が多い食事、偏食で栄養不足、睡眠不足や仕事のストレス、
そして運動不足などが重なって、
子宮筋腫、子宮内膜症の症状を強く引き起こす原因になった可能性が高いということを―。

若いからといって体に良くない無理な生活を続けていけば、いずれ様々な症状に悩まされることになります。

           

彼女の症状が改善された理由は一つではありません。

体の歪みを取り除き不快な症状を軽減させることだけではなく、
私は彼女に症状を出にくくするためのエクササイズやストレッチをいくつかピックアップして教えました。
自宅でも仕事場でも、さっと取り組める簡単な運動です。

運動以外でも症状を和らげるための生活上の工夫も教えました。
その中には疲れやストレスの緩和、食生活の改善、睡眠不足の解消法など
一般的に言われる健康になるための生活の基本が含まれています。

彼女の場合は一人暮らしを解消し、実家に戻ったことで食生活の改善がなされたこと。
また、仕事のストレスや体の辛い症状が周りの人に理解されず苦しんでいた状態も、
家族と暮らすことで和らいだことが症状改善に大きな影響を与えたのだと思います。

その後は、ゴルフという趣味も見つけることができ、今は本当に生き生きと生活しています。

           

なにも彼女は特別な例ではありません。
病院に通い薬をもらって飲んでも症状が改善されない、
手術をしたが再発してしまった、経過観察を続けているがこのままでいいのか不安で仕方ない。
でも、病院に行く以外どうすればいいのか?
具体的に何をすればいいのか全く分からない。
そんな風に思っているのなら是非試して欲しいのです。

           

漢方薬は数千年にわたり研究、実践が繰り返され、日本では江戸時代を中心に高度に体系化された伝統薬です。
子宮筋腫・子宮内膜症、月経前症候群や月経困難症によるさまざまな不調の緩和、改善にも役立つ有効なものです。

漢方薬の効能は子宮筋腫では症状を緩和するだけにとどまらず、筋腫を小さくさせる作用も秘めています。
漢方薬の服用によって筋腫が小さくなり、手術をすることなく閉経まで持ち込めたケースも多くあります。

子宮内膜症では漢方薬で症状を緩和することが主ですが、子宮内膜増殖部位を狭める効果も期待できます。

月経前症候群・月経困難症においては、漢方薬で症状そのもののレベルを劇的に軽くさせる可能性も秘めています。

           

ここで重要なのは、ご自身の体質に本当に合った漢方薬を選ぶことに尽きます。

体質に合った漢方薬を正しく服用することで、改善効果をぐっと高めることができます。
反対に、体質に合わない漢方薬は副作用が出たり、返って身体を壊す可能性もあります。

漢方薬を正しく選ぶことはとても難しいので、
店員さんになんとなく勧められて買ってみたけれど、ほとんど効果を感じられなかったという例も多いのです。
服用後、ひどい下痢になってしまった方などもいます。
漢方薬は自分自身の体質、そして現在の体の状態に合ったものを選び出すことが、とても大切なのです。

           

そんな悩みが多かったからこそ、私は痛みを緩和する改善法を研究したのです。

私が開発したプログラムは、

・外出や通院しないで自宅でできる

・誰でも簡単に短時間でできる。

・高額な器具や道具を買う必要がない。

・副作用のない漢方薬を効果的に併用する

・自然治癒力を活かした根本的な改善法

このようなメリットがあります。

あなたも私の方法で、つらい痛みや症状を改善しませんか?

           

子宮筋腫、子宮内膜症、月経前症候群、月経前症候群、月経困難症のつらい症状を、
今すぐ自分で緩和改善できる方法や、役立つ情報をメールセミナーでお届けします。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=54890

           

           

 

月経について 一覧。

コロナの前とかだと、数十人が箱詰めで、身動きが取れない環境で3時間も4時間も番組の構成を議論することがあったけど、
あれは地獄だった。
生理のときは特に『話が長い上司』と『結論を出さない上司』は嫌いになる。
お手洗いに席を立つことができないだけではなく、例えば生理痛が重いときには鎮痛剤が切れてくることもある。
生理中だけではなく、生理の前の『PMS』も大変。
『PMS』って、人それぞれいろんな症状があるし度合いも違うけど、
私の場合は、眠くなったり、集中が途切れたりはよくあったし、イライラしやすくなるときもあった。
上司と番組の編集方針が合わなくて、イライラが爆発して強い口調で言い返してしまったのも、今考えると、『PMS』だったのかなと思う。

PMS(=月経前症候群)とは? 症状は?
月経前、3~10日の間続く精神的、身体的症状で、月経がはじまると軽くなるか、なくなる。
日本では、月経のある女性の約70%~80%が月経前に何らかの症状がある。

主な症状としては、情緒不安定、イライラ、抑うつ、不安、眠気、集中力の低下、睡眠障害、自律神経症状としてのぼせ、食欲不振、過食、めまい、倦怠感、身体的症状として腹痛、頭痛、腰痛、むくみ、お腹の張り、乳房の張りなどがある。
⇒https://www6.nhk.or.jp/nhkpr/post/original.html?i=31965

お悩みいろいろ!月経のトラブル
⇒https://www.aska-pharma.co.jp/mint/womanhealth/trouble/#pagetop

女性のからだ「月経の基礎知識」
⇒https://www.sonykenpo.or.jp/member/health/woman/woman_health02.html

⇒月経について教えて下さい。

意外と知らない女性ホルモンと月経の関係。周期がわかると痛みの対策に役立つ
⇒https://brand.taisho.co.jp/contents/naron/detail_321.html

完全ガイド 月経のメカニズム
⇒https://www.kao.co.jp/laurier/health/029/

生理のしくみ
⇒https://www.seirino-mikata.jp/knowledge/how/

           

           

子宮筋腫について 一覧。

放っておくと怖い?「子宮筋腫」
⇒https://www.kango-roo.com/lifestyle/1316/

女性の4人に1人はかかる 子宮筋腫
⇒https://kenko.sawai.co.jp/prevention/201202.html

子宮筋腫の診断・治療・手術療法
⇒https://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/shinryo/fujin/shikyu02.html

           

           

子宮内膜症について 一覧。

子宮内膜症とは
⇒https://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=9

子宮内膜症(卵巣がんとの関係について)
⇒https://jsgo.or.jp/public/naimaku.html

           

           

行動 一覧。

貧困により生理用品を手に入れられない場合、ナプキンはぜいたく品と見なされ、
女の子や女性たちは食料や学用品などの生活必需品を優先しなければなりません。

汚れた下着を洗って、濡れたまま身につけなければいけない場合もあれば、
古布や新聞紙などの古紙で代用し、その場をしのぐ人もいると言います。
不衛生な処置は、炎症を起こす危険性も生んでしまいます。

生理痛があっても薬が手に入らない状況の人もいます。
また、大人たちも正しい知識を持たないため、
生理痛が重く病院へ行っただけで「中絶の失敗だ」、
「売春婦だから何か病気にかかったのだろう」と批判の的になってしまう地域もあるといいます。
⇒https://www.plan-international.jp/news/info/20210816_30093/

生理用品募り無償配布 困窮、育児放棄受けている女性支援

生理用品の寄付を募る活動を提案。同センターに受け付け用のサニタリーボックス(幅・奥行き32センチ、高さ60センチ)を設置した。
 対象は新品・未開封の生理用ナプキンやタンポンなど。
既に市民ら23人から寄せられ、来館した希望者に手渡しているほか、センター内のトイレに無料ナプキンも設置した。
さらに生理用品の購入に充てるための寄付金も窓口で受け付けている。
⇒https://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/top/fukushiiryounews/20210526_100700.html

生理の悩みを解決する。

東洋医学をベースに編み出した1日15分の簡単なエクササイズや
生活改善、漢方薬の活用を組み合わせることで、
つらい症状を改善させる養生法の秘密をすべて公開しています。

この方法を知ることで、薬の副作用におびえることなく、
不定愁訴に悩まされた我慢の日々から抜け出すことができるでしょう。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=54890

           

いじめに関するボランティア募集
⇒https://activo.jp/tease

           

 
・飄々(憎しみ、同情)を学ぶ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/

↑↑憎しみは脳内で「目の前に達成感がある」といった感覚を生み出している。へ

           

護身術習って いじめっ子に練習相手になってもらう(実践練習)。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=30434

           

・たった90日でお子さんをいじめから解放する方法。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=23243

           

・プロが教える職場の「いじめ」「パワハラ」撃退・予防術。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=33063

           

           

           

クリック出来ます。

           

           

     

飄々主義(憎しみと同情を使い分ける)。

もともと備わってる機能だから使う気になれば易々使える。

易々使えるのは 使うことが不快ではなく 快感だからだ。

憎しみは脳内で「目の前に達成感がある」といった感覚を生み出している。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#2….

脳科学的には、人間にとっての一番の幸せは、苦しんでいる人を救うことなのです。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#8

           

           

・憎しみを使う。 →どう使うか?  常識、差別、偏見、批判、理不尽、不条理を憎む。

           

溜め込んでいる怒りを吐き出してもらうことで、必ずうつ病は改善していきます。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#0.

憎しみは 威圧感も、よく思われたいも飛び越えて この野郎 と向かっていける。コミュ障、人見知りから解放してくれる。

憎しみは屈辱を与えてくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。屈辱から解放してくれる。

憎しみは人間関係を気にする相手に何言ってんだこの野郎 と向かっていける。人間関係から解放してくれる。

憎しみは世間体を気にする相手に何言ってんだこの野郎 と向かっていける。世間体から解放してくれる。

憎しみは恐怖を与えてくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。恐怖から解放してくれる。

憎しみは偏見をもった相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。偏見から解放してくれる。

憎しみは差別してくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。差別から解放してくれる。

           

           


・同情を使う。 →どう使うか?  自分の境遇に同情する。自分の体の機能に同情する。

           

  

主観から客観に切り替える。

いやだ。じゃなくて →かわいそう。
キツイ、辛い。じゃなくて →痛みを発してる気管、機能がかわいそう。

かわいそうのえこひいきがないように
かわいそうの洩れがないように
かわいそうを探っていく。
 →のどがかわいそう。 →首がかわいそう。 →肺がかわいそう。 →横隔膜がかわいそう。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/#.

↑↑苦しみに耐えられないのは同情を使えてないから。 

           

同情  →自分の一部 自分の分身 という認識をすること。

           

アフガニスタン が自分の一部 自分の分身 という認識をする。

ミャンマー が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

難民  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

性被害者  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

障害者 が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

地球  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

いきもの  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。
⇒https://kkeeii.link/douga/kazoku/#g.

           

           

↑↑支援をもっと何とかしたいあなたに提案があります。

           

           

✅2つの結末をできるだけ先送りして続けたい。
① 力尽きて野垂れ死ぬ。
② 迫害されて抹殺される。

ストリートディベートをやる、普及するという行動を利用して
憎しみと同情の使い分けを理解し合うのが
救世主の仕事です。
⇒https://www.ka2.link/taiken/giron/#i.

✅救世主の仕事を支援してください。
https://oioiuu.xyz/sinka/gizyutu/

「技術を習得して 操れる快感を得られる」商品の一覧を作りました。

支援することであなたが得られるもの。

・人生のターニングポイントになる技術が身につく。
・この活動が広まるとあなたの周りにお節介焼きが増える。
・あなたがグータラしてるとお裾分けをどんどん持ってこられる。
・あなたが野垂れ死にしそうになって 気が付いたら看病されている。
・あなたがクマに襲われたら飛び込んでくる人が現れる(助けられるか共倒れするかは状況による)。

↓↓ここから支援していただけたら幸いです。
https://oioiuu.xyz/sinka/gizyutu/

↓↓苦しみや悩みを解決する一覧はこちら。
https://kkeeii.link/douga/nayami/

↓↓デジタルからの収入を助ける一覧。デジタルからの収入に必要な情報一覧。
https://www.ka2.link/taiken/afirieito-40/

           

           

ブッダ、キリストからのリレー。

ブッダもキリストも果たせなかった
人類の救済をやっているんです。

それが飄々主義なんです。
憎しみと同情の使い分けを理解するってことです。

それが人類の救済って どういうことって思いますか?

飄々主義を日々テーマごとに語ります。

1日目 いじめられちゃうのは憎しみを使わないから?

2日目 怒り、憎しみは快感? 手軽な娯楽?

3日目 怒り、憎しみは鬱の治療法?

4日目 憎しみをちゃんと使えてないのが勇気?
    行動力って憎しみのこと?

5日目 苦しみに耐えられないのは同情を使えてないから?
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-31/#post-6011

ボーダークラブ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-30/

ボーダークラブ。相談室。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/forums/topic/keiziban-31/

↑↑ストリートディベーダーへ。

           

           

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

           

↓↓↓今すぐ見てください。あなたの人生(またはあなたの大切な人の人生)がかかっているかもしれません。

⇒🅾エクスポージャー療法。その1.

⇒🅾エクスポージャー療法。その2.

⇒✅エクスポージャー療法を好きなだけ見るコツ。

⇒生き方の助け、生活の向上になるコンテンツ。

           

           

           

           

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅地球上には自殺したいほど苦しい状況 が溢れています。

⇒🅾状況を変えられないのなら適応しちゃえばいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

以上
障害者の生理を助ける一覧。障害者の生理に必要な情報一覧。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

           

           

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。