カテゴリー
子供 自由な人生を手に入れる

子育てとは、伸びたい方向に伸びていくのを邪魔しないこと。

母親が子育てという名の下で苦労しているのはなぜか。
なぜ楽しいはずの子育てをダメにしてしまうのか。

それは、子どもを自分の思いどおりにしようとするからです。

子育てとは、じつは難しくない。
子供が伸びていきたい方向に伸ばしてやればいい。

逆にいえば、伸びたい方向に伸びていくのを邪魔しないこと。

親の思いを押し付けないこと。
桜を咲かせる木に、いくら「桃の花を咲かせなさい」と言ってもダメ。
桜の花を咲かせようと生まれてきた木は、桜です。

牡丹に向かって「芍薬を咲かせろ」と言っても無理、
牡丹を咲小せようと思って生まれてきた木は、牡丹です。
しかし、そう言う親がけっこう多いのです。

木を枯らさないように水をやる、陽に当てる、カンカン照りを避けてやる、
冬は部屋の中に取り込む、命を守ってあげる。

それが親の最大の仕事です。
子どもがどこを目指そうと、
どの方角に進もうと、
親がゴシャゴチャ言わないことです。

バラを挿し木して、その挿し木に向かって、
「愛しているよ」とずっと言っていると、
その三代目にトゲのないバラができるという話があまます。

では、バラよりも高度な機能を持っている人間に向かって、
「愛しているよ」と言い統けていったらどうなるか。
子どもに対してそれをずっと言い続けたらどうなるか。

イライラしている子ども、他人に対してすごく攻撃的な子どもに、
欠点を指摘するのではなく、
「愛しているよ」と言い続けたら、
その子どもは革命的に変わるかもしれません。

すべての子どもは、百%天才で生まれてきます。
子育ての本質は、その子の芽を摘まないことです。

あれこれ手を出して修正を加えるのではなく、
子どもがキラリと見せる片鱗を喜んであげることです。

「あなたのこういうところがステキよ」とか
「この部分がすごいね」と、
その箇所を見つけ肯定してあげることです。
そういうふうに子どごもと接していると、
子育ては、とても楽しいものになります。

現実は、その芽を親が摘み取っている。
今、親である人たちも
自分の天才の茅を、自分の親によって摘み取られた可能性がある。

だからといって、恨んではいけない。恨んではダメ。
親を恨むと、自分に返ってきます。

そこに気がつけば、
自分の子どもには、
その天才の芽を
摘み取らないようにしてやることができるはずです。
引用元
「淡々と生きる」

旅行や趣味、病気で入院していても、
毎日自動でお金が振り込まれる。
そんな仕組みを作り上げます。

こちらからもお届けしてます。
友だち追加

アンテナサイト

にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村


人気ブログランキング


アダルトブログランキング


消費者心理は不変なので、
稼ぐためのライテイングを学べば、
お金の不安から永久に解放されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です