カテゴリー
うつ うつ病 シェア 一覧 不条理 乗り越える 悩み 情報 憎しみ 方法 無分別 理不尽 行動 飄々 飄々主義

うつに関して、あなたに伝えることが私の使命。 級のシェア。

・飄々を人類は目指す。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/

・技術を習得し操れる快感を得たい。
⇒https://oioiuu.xyz/sinka/gizyutu/

苦しんでる人を助ける一覧。悩みを解決する情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/nayami/

           

           

ストリートディベート でやってること。
⇒https://www.ka2.link/dansu/kunren-28/

いじめられちゃうのは憎しみを使わないから。
 
イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

憎しみをちゃんと使えてないのが勇気で
行動力って憎しみのことだ。 

イエス  ノー  どっち?
あなたの意見を聞かせてください。

苦しみに耐えられないのは同情を使えてないから。 

イエス  ノー  どっち?
↓↓あなたの意見を聞かせてください。

           

           

↓↓・うつの相談窓口 一覧。

↓↓・役立つ情報 一覧。

↓↓・使える 一覧。

↓↓・行動 一覧。

           

睡眠を妨害することは、脳の一部を落ち着かせる効果があり、特にうつ病の際に活性化しすぎて感情不制御などをもたらす神経ハブ部分にも良い影響を与える。

脳にはなにもしていないときでもさかんに活動している領域があり、それをDMN(デフォルト・モード・ネットワーク)と呼ぶ。この領域の活動は神経線維によって情報のやりとりをしている。

 うつ病の人はこのDMNが過剰に活動していて、異なった脳の部位の結びつきが強すぎるハイパーコネクティビティ状態になっている。精神医学部長のエーリッヒ・ザイフリッツによると、睡眠をとらないことによって、この過剰なつながりを減らすことができるという。

 睡眠を妨害することは、脳の一部を落ち着かせる効果があり、特にうつ病の際に活性化しすぎて感情不制御などをもたらす神経ハブ部分にも良い影響を与える。睡眠を妨害することで、神経ハブ部分から負荷を取り除くことができる。脳をスキャンし、脳波を見てみると、脳内の違う部位のつながりは睡眠量によって変わってくることがわかった。
⇒https://karapaia.com/archives/52148079.html

           

           

 
↓↓うつを助ける一覧。うつに必要な情報一覧。

いじめに苦しむ人を助ける一覧。いじめに苦しむ人に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/izime/

性差別に苦しむ人を助ける一覧。性差別に苦しむ人に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/seisabetu/

生活困窮者を助ける一覧。生活困窮者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/konkyuu/

性被害者を助ける一覧。性被害者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/seihigai-2/

障害者を助ける一覧。障害者に必要な情報一覧。
⇒https://kkeeii.link/douga/syougai-2/

           

           

⇒2022年1月21日。AM10時半くらい。
中野駅から早稲田通りへの中野通りの歩道でストリートディベート呼びかけ。
と中野ブロードウエイを出た早稲田通りの歩道でストリートディベート&路上ライブ(ラインライブ)。
クリック出来ます。
・右手に持ったスマホでライブ配信(LINE LIVE)。
・左手に「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」の歌詞書いた紙。
・腹に
「いじめられちゃうのは憎しみを使わないからだ。
イエス                 ノー」
と書いた紙(議論の提案)をクリップで止めとく。
・イエスの先の地面にイエスと書いた紙を張った皿(お金恵んでもらう)。
・ノーの先の地面にノーと書いた紙を張った皿(お金恵んでもらう)。

           

           

うつを助けることに関して、あなたに伝えることが私の使命。 級のシェア。

クリックで各見出しに飛びます。 右下のマルをクリックすると 戻って来ます。

           

           

自律神経系からのアプローチによる うつ対処法。

鎮痛剤・精神安定剤などの薬で症状を抑えるしかない

そう説明されて薬に頼った生活を薦められます

〇〇症 〇〇症候群などのつく症状は原因が解っていません

           

これで患者さんの

「どうして?」

は解決したことになりますか?

           

私があなたにお伝え出来る事は、

うつに対しての予防策と改善策をお伝えする事です。

           

解らない相手とは闘えない

現代社会はストレス社会です

パワハラ モラハラ セクハラ・・・

いろんなハラスメントが飛び交っています

そんな中で心をすり減らして頑張っていれば

うつや脳梗塞など起こしても不思議ではありません

しかし、日本の会社にはカウンセリングルームを

設置しているところは、まだ多くはありません

           

我々日本人には、昔ながらの「精神病は・・・」

といった感じで差別的感覚が残っています

心療内科を受診するにも、そんな気持ちが

邪魔をしてハードルを上げてしまっています

           

その結果、

症状が悪化して退職や休職する事になります

           

そんな症状が出てしまった場合の対応は

今ではどの会社も優しく対応してくれます

           

「後のことは心配しなくていいから」

「治るまでゆっくり休んでね」

労災任せ・病院任せ

これって本当に本人の為でしょうか?

           

もし、意を決して心療内科を受診したとしても

少し話を聞いてもらって薬を処方されるだけです

「ストレスが原因でしょう」

言われることは解っていますね

ストレスが原因    →  自律神経系の症状

自律神経系の対処   →  薬の処方     

ストレスが原因と言いながら、うつは解明されていない

とりあえず、症状に対して薬で対応するしかない現状です

患者さんは、そんな解らない闇の中で闘っています

その暗闇に差し込める光って何でしょう

           

医学的根拠はなても、経験上楽になったという実績

そこに納得できる理論があれば、光になるんです。

           

それはどういうことか!

考え方をかえることで

1つの理論を成り立たせることが出来ます

           

ここで誤解を与えてしまう前に補足しておきます

補足

私は薬を完全否定している訳ではありません。

病気を治すために飲まなければいけない薬もあります。

ただ、薬が身体に良いものとは思っていないので

身体の調子が戻って薬を使わなくて良くなる日が

少しでも早く訪れる事を望んでいます

           

発想の転換

見方を変えれば世界が変わるというように

医者ではない整体師だからこその

観点でうつを診ること

           

それは、うつを考えるのではなく

うつや自律神経系の症状を持った方の

身体はどうなっているのか?

普通に疲れている方とうつの方

身体のどこがどう違うのか?

それを考えながら日々の施術を行っていると

1つの共通点に気付きました

           

それはある部分の筋肉の硬さの違い

ただ疲れている人のある部分の硬さと

自律神経系の症状の方のある部分の硬さ

うつになってしまった方のある部分の硬さ、

そのある部分の硬さに違いがあるということです

           

その事で脳からの伝達能力に違いが起きる

その伝達能力を回復させることが

自律神経系の回復になる

           

生物学に反射という考え方があります

リフレクソロジーにもあるように

身体のある器官に異常があると

足の裏に反応が出ます

その反応が出たところを刺激する事で、

弱っている器官に働きかけ

機能を正常化させる理論です

           

その理論から自律神経系の症状を持っている方の

身体に出ている反応部位を正常化できれば、

そしてその伝達能力を補う事が出来れば

自律神経系の症状は改善できる

うつになりそうな方を守ってあげる事が出来る

           

うつや自律神経系を治すのではなく

うつや自律神経系の症状になってしまった

身体と伝達能力を正常化するという考え方です

           

真っ暗闇に一つの光を射す事が出来ます

           

脳からの伝達が上手くいかない事で、

「何かいつもと違う」

「疲れが取れない」

「だるい」

こんな違和感から始まります

その違和感だけでもなくなったら

「ちょっといいかも」

「出来そうな気がする」

こんな風に気持ちが前に向いてくれます

           

これしかない訳じゃない

           

自律神経系を改善する技術は

これしかない訳ではありません

でも、今ここを覗いて頂いているという事は

まだ他に出会っていないのではないでしょうか?

あなたのご家族・友人・知人に

困っている人がいるとしたら

その方たちに光をともせる技術が

いま,あなたの目の前にあります

           

手に入れるか手に入れないかは、

私が強要する事ではありません

           

ただ言えるのは、

技術のことで言えば他でもあると思います

整体スクールに入校すればこういった内容も

あるかも知れませんが、私は見たことがありません

というのも

整体師を目指すならいろんなスクールの

情報を覗いてみると解りますが

だいたい基本的な技術と理論です

受講料は80万~100万くらいでしょうか

           

しかし

この技術はおそらくそこでは学べません

           

この技術には整体の他にクラニアル

・オステオパシー・リフレクソロジー

・中西医軟部組織・リンパの理論を

取り入れて独自に作っています

基本以外を教えているところもありますが

だいたい別プランで料金がかかります

           

クラニアル 1日講習 10~20万円  スクール 100万円位
オステオパシー 1日講習    5~10万円
リフレクソロジー 2~3か月    10~20万円
中西医軟部組織 1日講習 5~10万円
リンパマッサージ 4回講習 10~20万円
あくまでもこの料金は私の経験を基にした

情報ですので、参考程度だと思ってください

この技術は整体師じゃなくても出来るように

いろんな理論・技法から自律神経系の部分を

切り取って解りやすく簡単な内容にしています

           

収入プランは自由

この技術はこれ1つだけでも成り立ちます

例えば

ご家庭で副業として施術をする事も出来ます

アロマやオイルマッサージのオプションコース

整骨院での自費プランの一種

もちろん整体のメニューの1つに使えます

           

在宅で副業 折り畳みの施術ベットがあれば出来ます
ベット代は10,000円も出せば手に入ります

           

施術1回20~30分  3,000~5,000円

最初は1人しか患者さんいなくても

自律神経系は1回では改善しません

はじめは週1回として計算すると

月に12,000~20,000円の収入です

単純に人数が増えれば収入も上がります

施術院やサロンのメニュー オプションプラン15~20分  3,000円
別メニュー  20~30分  3,000~5,000円

収入アップのアイテムとしては使いやすい 技術だと思います

※ お願い 料金設定はご自由で構いませんが高額の設定は控えて頂けると幸いです

           

これを使わないとしても、

何か悪い事が起こるわけでもありません

ただ今と何も変わらないだけです

これを使えば、

あなたの周りの辛い症状で悩んでいる方は

その症状からから解放され、

笑顔を取り戻す事が出来るでしょう

           

この技術は

整体を知らなくても安心安全に使えます

まだまだたくさんの方が喜んでくださっています

           

医学的に根拠はないという人もいるでしょう

そんなことは関係ない

困っている人がそれで救われるなら

それだけで私は嬉しい

それ以外に何か必要ですか?

いろんなところに、困っている方たちがいます

その方たちを側にいるあなたが救ってあげてください
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=92276

           

           

社会復帰に新展開! 最新のうつ病治療。

うつ病患者が100万人を超える日本。最大の課題は、抗うつ薬が効かず再発を繰り返す患者の急増だ。
こうしたなか、ことし6月から再発を防ぐための新たな治療法が保険診療に加わった。
うつ病で低下した脳の働きを改善する治療法「TMS:経頭蓋(けいとうがい)磁気刺激」だ。

アメリカでは抗うつ薬が効かない患者の3割~4割に改善効果が認められ、
日本でも社会復帰を後押しする治療法として注目されている。
さらに、うつ病の復職や再就職を支援する新たな取り組みも去年からスタート。
うつ病患者の“医療”と“雇用”の最新状況に迫る。

笑顔が戻った!?うつ病新治療法
高山:これが、うつ病を治すことができるという最新の治療装置です。

治療を詳しく見るために用意したのが、こちらの人形。磁気刺激に反応して脳が光る仕組みになっています。

東京慈恵会医科大学 准教授の鬼頭伸輔さん。うつ病TMS(=経頭蓋磁気刺激(けいとうがいじきしげき))治療の第一人者です。

東京慈恵会医科大学 准教授 鬼頭伸輔さん
「治療を始めます。」

高山:けっこう、音がしますね。どの辺りを刺激するのでしょうか?

鬼頭准教授
「いま刺激をしている場所は、うつ病で機能が下がると言われている、背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)を刺激しています。」

うつ病では、思考や意欲を司る「背外側前頭前野」の働きが低下していることが知られています。

TMS治療を行った後の脳波の変化を見ると、背外側前頭前野の活動量が増加。つまり働きが改善することが分かったのです。

アメリカの調査では、抗うつ薬が効かない患者のうち、3割から4割にほぼ症状が見られなくなる効果が認められています。

鬼頭准教授
「抗うつ薬を使っても約3分の1の患者さんは、うつ病がよくならないことが報告されています。」

高山:けっこうな割合で(薬が)効いていないということなんですね?

鬼頭准教授
「抗うつ薬が効かないような患者さんに対して、治療効果が期待できる治療じゃないかと。」

実際にTMS治療はどのようにうつ病を改善させるのか。今回、密着取材に協力してくれたのは、長年うつ病に苦しむ、鈴木さん(仮名)。IT企業でシステムエンジニアとして活躍していました。

こちらは、入社間もない頃のバイクツーリングの様子。当時は、仕事もプライベートも充実していたといいます。

ところが10年前、月100時間を超える残業が連続。過労により、うつ病を発症したのです。

鈴木さん
「不安感とか焦燥感で頭がいっぱいいっぱいになっている感じ。けっこうな頻度で遅刻したり休んだり、そんなことの繰り返しです。」

更に、外出する意欲もなくなり、食事の味さえも感じられなくなったといいます。その後、会社を休職し、薬での治療を続けますが、回復には至らず、4年前やむなく退職。今回、主治医の勧めでTMS治療に臨むことになりました。

鈴木さん
「薬を飲んでも、ある程度はよくなっても、それ以上はよくならないっていうのがあったので、何でもいいから、それ(TMS治療)でよくなればという感じ。」

鈴木さんがTMS治療を受けるのは、東京の慶應義塾大学病院。5月下旬、治療が始まりました。

慶應義塾大学医学部 特任講師 野田賀大さん
「きょうは初めての治療ですね。よろしくお願いいたします。」

担当するのは、医学部特任講師の野田賀大さん。去年(2018年)からTMSを用いたうつ病治療の臨床研究を行っています。顔がピクピク動くのは、磁気刺激が顔の筋肉に影響するためです。違和感は生じますが、健康には問題ないといいます。

※臨床研究用の治療装置を使用しています

1回の治療時間は10分から40分ほど。これを週5回。6週間の計30回行います。

野田特任講師
「終了です。お疲れさまでした。頭痛とか大丈夫ですかね?」

鈴木さん
「ちょっと引きつるような、ビリッと痛みが、ちょっとですけれど。」

取材班
「頭の状態というか気分の変化は?」

鈴木さん
「正直この1回だけでは、変わりないのかなと思います。」

6月中旬、治療が始まって3週間後。

野田特任講師
「調子のほうはいかがですか?」

鈴木さん
「この2〜3日は、元気とまではいかないですけれど、多少気持ちよくなったという気はします。」

うつ病の症状がよくなったという鈴木さん。どんな変化があったのでしょうか?

鈴木さん
「きのう久しぶりに食事をして、おいしいなっていうのがありました。ここの11階のレストランのビーフストロガノフを食べたんですよ。(TMS治療を)15回で半分ですよね。効果が出ているのかなという気がします。」

野田特任講師
「食事の味が感じられるとか、おいしく感じることは、うつ症状が改善してきたことだと考えられます。」

でも、どのようにして「おいしい」という喜びの感情が戻ったのでしょうか?最新の研究から、うつ病では、TMSで刺激し改善を狙う背外側前頭前野とは別に、「扁桃体(へんとうたい)」という部位が関係していることが分かっています。扁桃体は喜びや不安など感情を司る場所。うつ病では、この扁桃体が過剰に活動して、不安を感じやすくなっています。

TMSによって背外側前頭前野が活性化すると、本来持っていた扁桃体の活動を抑制する力が回復。そのため、喜びを感じる力が戻ってくると考えられているんです。

野田特任講師
「TMS治療は、うつ病で機能が低下している脳部位に直接刺激を与えることによって、ダイレクトに効果を引き出す治療法となります。」

6月下旬、治療が終わりに近づいた鈴木さん。この日訪ねたのは、バイクショップです。

うつ病になって以来、10年以上もの間、遠ざかっていた趣味のオートバイ。TMS治療によって、「再開したい」という意欲が次第に湧いてきたといいます。

鈴木さん
「やっぱり写真とかで見るのと違いますね。実際に見てみると。購買意欲がそそられます。ちょっとお値段が厳しいですけれど、まずはとりあえずアルバイトでも何でも、働かないとなというところです。」

うつ病100万人時代 注目される新治療法
ゲスト 高木美保さん(タレント)
ゲスト 宮田裕章さん(慶應義塾大学 教授)
武田:うつ病に苦しむ人は100万人以上と言われます。患者さんの悩みには、「薬を飲んでもなかなか効かなくてよくならない」「再発を繰り返して復職など社会復帰が難しい」といった現実があります。

高山:厚生労働省が大企業を対象にした調査では、せっかく職場に復帰しても1年後にはおよそ3割、そして5年後にはおよそ5割の人が、また休職という状況になっているんです。

こうした現実の中で今、注目されている新たな治療が、今夜ご紹介しているTMSによる治療なんです。

武田:かつて、パニック障害に伴う重いうつ症状を経験された、高木さん。こういった新しい治療法をどういうふうにご覧になりますか?

高木さん:私は7年間苦しんだので、薬を継続して飲むことが依存につながるんじゃないかというのが一番怖くて、薬に頼りながら離脱するっていうことをいつも考えていましたから、同じことで悩んでいる方は多いので、これはもしかすると朗報になるかなという気はしますね。

武田:病気そのもののプレッシャーももちろんあると思いますし、薬を飲み続けなきゃいけない、治療法はこれでいいんだろうかという悩みもあるんですね。

高木さん:そうです。それも不安につながっちゃうんですね。

武田:この新治療法が一つの選択肢になる可能性があるということなんですね。
それにしても、脳を直接刺激するわけですよね。怖かったりするんじゃないかと思うんですけれども…。

高山:今回特別に、医師の監修のもと、私も磁気による刺激を受けてみたんですけれども、最初はちょっとピリピリとした強い痛みも感じるんですけれど、1分ぐらいすると、頭皮をマッサージされているような心地よさも感じます。ただ、半日ぐらいは筋肉痛に近い違和感も…。

武田:顔が?

高山:顔がちょっとピクピクピクッと、半日ぐらいしていました。先生に聞いてみると、後遺障害というのは確認されていなくて、副作用も少ないことが報告されています。アメリカの研究では、神経に影響を与えて、けいれんにつながるというケースも報告されているんですけれど、その確率は0.1%。これは、ほかのうつ病の治療方法に比べると圧倒的に低い確率なんだそうです。

武田:宮田さんは医療政策がご専門ですけれども、こうした新しい選択肢が増えることをどういうふうに捉えていらっしゃいますか?

宮田さん:うつ病の主な治療アプローチというのは、先ほどおっしゃられた薬物療法だったり、あるいは認知行動療法だったりするんですが、ここに新しく選択肢が加わる、これは患者さんにとって有益だと思います。ただ、過剰な期待というのはやはり禁物で、今回、通常の薬物療法で効果が得られない難治性の患者さんを対象にしたということですし、その中で約4割の方に効果があると、これは精神医学としては非常に画期的なことであるんですが、課題があるということもやはり注意が必要だと思います。

高山:確かに課題があるんですね。2008年から世界に先駆けてTMSの治療が行われているアメリカを取材しました。

うつ病新治療法 課題は?
取材班が訪ねたのは、アメリカ・シアトル。精神科医のダナーさん。10年前から、世界に先駆けてTMS治療を行ってきました。

うつ病・不安障害治療センター病院 デビッド・ダナー医師
「日本でもTMS治療が始まると聞き、大変うれしいです。」

この日クリニックに来ていたのは、現在うつ病に悩む、アンナさんです。

アンナさんは3年前、TMS治療を受け、うつ病が改善。大好きだった出産を補助する仕事に戻れるまでに回復していました。ところが、去年の夏からうつ症状がぶり返し、仕事も再び休まざるを得なくなりました。

ダナー医師
「うつ病から回復して安定していたのは、どれくらいでしたか?」

アンナさん
「2年くらいです。」

ダナー医師
「そして、再発したんですね?」

アンナさん
「はい。徐々にぶり返してきたんです。」

実は、ダナー医師によると、TMS治療後の再発は少なくないといいます。

ダナー医師
「多くの場合、TMS治療を受けた患者はもう大丈夫だと考えています。しかし精神科の治療には、100%の方法はありません。」

再発率はどれくらいなのか。7年前、ダナーさんは、TMS治療を受けた患者を1年間追跡する調査を行いました。その結果、120人のうち、およそ4割が、治療後1年の間にうつ病を再発していたことが判明したのです。

ダナー医師
「重度のうつ病患者にとって、TMSはとても効果があります。しかし全ての人に治療効果が長く続くとは限りません。うつ病が回復しても、経過を見守ることが大切なのです。」

うつ病が再発したアンナさん、再びTMS治療を受けることになりました。治療が始まって2か月ほど。ほぼ発症前の体調に回復したといいます。

アンナさん
「症状がよくなってきて、希望が見えてきました。ふつうの生活に戻れるのが、とてもうれしいです。」

高山:ダナー先生もおっしゃっていましたが、TMSの治療は100%ではない。なので、継続して通院すること、あるいは処方されている薬をしっかりと継続して飲むことも望ましいというふうにおっしゃっていました。

武田:このTMS治療ですが、全てのうつ病が保険適用になっているわけではないんですよね。

高山:実は限られているんです。保険診療が適用されるのは、こちらの「難治性うつ病」。抗うつ薬でも治ることが困難である人。ですから、軽症のうつ病、それからほかの病気に伴ううつ症状は保険の適用にはなりません。そして、保険診療を行うことができる病院も限定されています。精神科の救急対応が可能なことなど、厳しい条件をクリアした病院だけです。

全額自己負担の自由診療だと自己責任にもなります。ですから、保険診療を希望される方は、事前に病院にしっかりと相談をされることをお勧めしたいと思います。

武田:宮田さん、限定的に保険が適用されているのは、どういうわけなんでしょうか?

宮田さん:今回の制度は、治療を一気に広げていくというものより、まずは世に届けようという、この第一歩です。やはり安全性が確保できる限られた施設で、治療の限界も含めて、理解納得していただける患者さん、こういった方々に治療を届けて、この中で治療を評価していこうというところですね。やはり新しい治療というのを導入する場合には、その効果だけではなくて、技術だけではなくて、どのように作用して、安全面にどういった配慮が必要か、こういった理解が必要になりますので、こういう形でデータを収集して、これから先、もっと広げていくべき治療なのか、あるいは限定的な選択肢にとどめるのか、こういった評価が必要になると考えられます。

ゲスト 石井光太さん(作家)
武田:石井さんは、これまで多くの生きにくさを抱えた人たちを取材してこられましたけれども、こういった新しい治療法の登場をどういうふうにご覧になりましたか?

石井さん:僕は、治療法が登場するということ自体はすばらしいことだと思います。ただ、僕が今まで見てきたうつ病の方というのはいろんな方がいるんですけどれも、僕の中でかなり多いなというふうに思ったのが、いろんな問題を抱えている人、例えば家庭の問題だとか、あるいは仕事の問題だとか、あるいは地域の問題、友人の問題、そういったような問題を抱えているからこそ、うつ病の症状が出る。病院では、うつ病の症状を薬だとか、電気だとか、そういったもので治す…。それはそれでいいと思うんですけれども、ただ、この問題の根本にある、その本人を取り巻くいろんな環境だとか、そういったものが変わっていないと、なかなか、社会に1回戻ってきても、また同じような難しい生きにくさというのを抱えてしまう。だから、医療で治すことと、あと私生活で治していくことっていうのは、また違うものがあるんではないのかなというふうに思いますけれどね。

武田:TMS治療は万能ではないということですが、高木さんは回復まで7年間かかった。やっぱり時間がかかる、医療だけでもなかなかうまくいかないということなんですか?

高木さん:そうですね。今おっしゃったみたいに、原因は環境と本人のものの考え方の両方があると思うんです。私は「あなたは真面目過ぎます」とか「努力し過ぎます」ってよく言われるんだけれど、真面目と努力って、幼稚園の頃からすごく褒められてきたことなので、それを否定されると、ちょっと居所がなくなってしまったところもあるんですね。だから、もしかすると日本の組織の中に、そういう人に仕事の量がどんと行ってしまったり、責任がその人のところにどんとかぶってしまったりしてちょっと偏りがあるのかもしれない。むしろ本人の資質を注意するよりも、周りのそういった環境を直してほしいなって思ったこともあります。
あとクオリティ・オブ・ライフ(人生・生活の質)ってありますけれども、もちろんこれからまだまだ研究の余地はあるとしても、本当に僅かな時間であっても、うつの絶望的な状態から解放されるっていうのは、ものすごいクオリティ・オブ・ライフが上がるんですよ。全く考え方も違うので。それをやっぱり大事にしながらも、より改善をしていってほしいなと思いますね。

武田:医療だけではなくて、社会的なサポートも必要なんですね。

高山:ですから、置かれている環境、それから自分自身を見つめ直せる、こんな福祉サービスが今注目を集めています。

うつ病からの社会復帰 大切なのは?
全国に3,000か所以上あります、就労移行支援事業所です。

首都圏ですと、こんなふうに駅前にスペースが設けられているんですが、うつ病や障害のある人が一般企業に就職できるよう、国がバックアップをする形で開設されています。同じような悩みを持つ人たちが経験を共有したり、仕事に関する知識、それからコミュニケーションスキルを学ぶことができるんです。

武田:これは仕事に就くまでのサポートということですよね。その後も問題だと思うんですけれども。

高山:就労移行の支援だけでなくて、実は仕事に就いた後、長く支えていく取り組み、定着支援も去年から始まっています。

都内の福祉関連の会社です。

うつ病に悩む田中さん。就労移行支援事業所での就職活動を経て、一昨年(2017年)から、この会社に勤めています。

職場には慣れましたが、相談しにくい悩みを抱えることが少なくないといいます。

田中さん
「何か問題が起きると自信をなくして、いままで一生懸命やっていた、積み重ねたことが崩れてしまうことがあるんです。」

今、田中さんが利用しているのは、去年から始まった就労定着支援という福祉サービス。こちらは、田中さんと契約した事業所から派遣された、社会福祉士の木之瀬さんです。

この日は、職場の上司も同席する、月に1度の面談。周りが気づきにくい悩みを共有し、改善していくのが目的です。

就労定着支援員(社会福祉士) 木之瀬友紀さん
「実際に体の変化とかありました?寝られないとか?」

田中さん
「寝られないことはなかったんですけれど、もやもやの原因が常に頭に残っている感じで。」

上司
「分からない中でやる仕事っていうのは不安がいっぱいだよね。」

木之瀬さん
「でも言ったほうがいいと思いますけれどね。」

田中さん
「そうですね。すごく心に響きます。」

新たに始まった、この就労定着支援制度。うつ症状の悪化をとどめ、休職や退職を防ぐことができると期待されています。

田中さん
「どんなときに傷ついたとか、こういったときは人とどう接したらいいのか、配慮していただけるようになったので、とても働きやすくなってきています。」

高山:ご紹介した定着支援は、就職してから3年間利用することができます。

武田:高木さんは、ひと言で言うのは難しいと思うんですけれど、どういうふうにして回復まで来られたのですか?

高木さん:私はある日バラエティー番組に出て、その中で思いっきり笑えた時に、私はちょっと戻ってきたなっていう実感を得たんですね。やっぱり職場が原因で発症したうつであれば、職場で取り戻せるのが一番自信につながるっていうことはあると思うんですよ。私、カミングアウトしたんですけれども、それは、黙っていても周りの人はうすうす気が付くんです。この人ちょっと変だなっていうのが。お互い遠慮して溝が出来るよりは、カミングアウトしてしまって、理解してもらう。遠慮しなくていいですと。穏やかな踏み込みっていうのが作れたらいいなと思って…。マイナスはなかったです。

武田:今はこうやってお仕事もされているわけですけれども、その後はどうなんですか?今のVTRのように、継続してサポートが必要な人もいるわけですけれど。

高木さん:私は、例えば調子が悪くなったなと思ったら、さっさとカウンセラーさんに、お友達になっていますから、その方に相談してみたりとか、あと薬も、内科の先生でもちょっと最近不安定ですよって言ったら、安定剤が出たりとかしますから、早め早めに甘えちゃいます。

武田:甘えちゃう。

高木さん:甘えちゃいます。

武田:真面目な高木さんが。

高木さん:真面目な私が、甘える高木さんに。

武田:必ずしも一生懸命頑張るわけじゃないということなんですね。

高木さん:前向き病だったので、自分で思うところが。後ろ向きに生きてみようかなと、ちょっと切り替えた瞬間はありました。

武田:生き方そのものの発想を変えるということなんですね。
石井さんはどういうふうにお聞きになりますか?

石井さん:今、高木さんがおっしゃったのは、やっぱり本人がいかに頑張るかということだったと思うんです。やはり本人が抱えている問題がたくさん、例えば家庭だとか仕事とかいろんなものがある。そういった中で、病院だけに任せる、本人だけに任せるということではなくて、その周りにいる人たちが、例えば職場をどうやって変えていこうか、家庭をどうやって変えていこうか、友人関係をどうやって変えていこうか、そういうふうに考えていかなきゃいけないんじゃないのかなというふうに思うんですね。高木さんが分かってもらう、理解してもらうというような形でおっしゃっていましたけれども、それをなかなか言えない人たちというのはたくさんいるわけですよね。その時に、じゃあ周りの人たちがそのことをどういうふうに考えて、どうやってその方のことを理解していくのか。そういった相手の立場に立って、一生懸命理解していく。そういった姿勢が、最終的にはその人を支えることになっていくし、そして何か一緒になって、社会の中で頑張る。あるいはもう頑張らなくていいんだよと言ってあげる。そういった積み重ねが必要なんじゃないのかなというふうに思っています。

武田:今日はこうやって最新の治療法とか、サポートの仕組みをご紹介しているんですけれど、こういう情報をお伝えすればするほど、逆に患者さんは「回復しなきゃ」ってプレッシャーになってしまうんじゃないかという心配も、一方で我々は持っているんですよ。

宮田さん:そのとおりですね。国とか医療者から考えると、社会復帰とか、病気治癒とか、共通の物差しで考えがちなんですが、時にそういった復職という目標は重荷になってしまうんですよね。ここで今、異なるアプローチというのが非常に必要とされてきていると。これは病気の向き合い方、一人一人異なりますと。そうしたら、そのご本人の価値観の中で生き方をいかに支えていくのか。ある人は病気があっても、週に1日か2日、絵を描くこと、これが生きがいかもしれないし、あるいは病気に苦しむ症状を緩和して、自分1人で自立して生きる、これも目標になるかもしれません。生き方の基準も、例えば食べることが楽しいということだったり、あるいはよく眠れる。夢を持てるとか、自分らしく生きられるとか、一人一人やはり基準も違いますし、その過程でも上がったり下がったりしていいんです。こういった中で、これまでの医療は病気にならない、病気を治す、これだけだったんですが、これからは、病気があってもそのことが人生の妨げにならないということだったり、あるいは自分らしい生き方が自然に健康につながる。こういった中でお互い支え合うことが重要なのかなと思います。

武田:回復のしかたも自分なりでいいということですね。

高木さん:そうですね。怠けるということが、その人の誠実さがなくなるということではないと思うんです。

武田:自分のペースで焦らずに、前に進まなくてもいい、後ろ向きでもいいということですね。
⇒https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4309/

           

           

 

うつの相談窓口 一覧。

ご相談先・制度一覧
⇒https://encourage-s.jp/consultation_supports/1

相談窓口案内
⇒https://kokoro.mhlw.go.jp/agency/

全国医療機関検索
⇒https://kokoro.mhlw.go.jp/facility/

うつサポート情報室 | よくあるQ&A
⇒https://www.nhk.or.jp/heart-net/utsu/qa/index.html

           

           

役立つ情報 一覧。

ご家族にできること 厚生労働省
⇒https://kokoro.mhlw.go.jp/families/

友人、家族、同僚がうつ病に。接し方で気をつけるべきポイントを解説
⇒https://www.kusurinomadoguchi.com/column/articles/depression-behavior-16309/

うつ病|こころの病気を知る|メンタルヘルス|厚生労働省
⇒https://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_depressive.html

うつ病とはどんな病気か?診断、病態、治療について
⇒https://www.kenkou-club.or.jp/utsu/3-2.jsp

うつ病看護ガイドライン
⇒https://www.secretariat.ne.jp/jsmd/iinkai/katsudou/data/guideline_kango.pdf

青年期のうつ状態について
⇒https://www.pref.kyoto.jp/health/health/health04_c.html

うつ病でもできる仕事はあるの?うつ病でもできる仕事とその探し方とは
⇒https://www.atgp.jp/knowhow/oyakudachi/c1574/

小林エリコ うつ病から「再生」したわたし
⇒https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/54/

産後うつ病
⇒https://www.rcpsych.ac.uk/mental-health/translations/japanese/postnatal-depression

季節性うつ病
⇒https://www.cocokarafine.co.jp/onayami/heart/dsl_90.html

半分からスタート | うつ病の情報・サポートサイト
⇒https://www.cocoro-h.jp/therapy/convalescence/start.html

精神(こころ)の病(うつ病)
⇒https://www.zaiseido.co.jp/mimiyori/5645

           

           

使える 一覧。

うつ病の人への接し方、治療法のポイント、誤解と偏見への対処など
相談者を「救う」正しいスキルが身につきます
⇒https://www.c-c-j.com/course/psychology/utsu/

一般社団法人日本うつ病センター(JDC)はうつ病やメンタルヘルスなどの疾患に関する情報提供、適切なアドバイス・支援の方法を伝えています.
⇒https://www.jcptd.jp/

こころの病気一覧
⇒https://doctorsfile.jp/medication/search/29/

           

           

行動 一覧。

自律神経系からのアプローチによる うつ対処法。

ただ疲れている人のある部分の硬さと
自律神経系の症状の方のある部分の硬さ
うつになってしまった方のある部分の硬さ、
そのある部分の硬さに違いがあるということです
その事で脳からの伝達能力に違いが起きる

その伝達能力を回復させることが
自律神経系の回復になる

生物学に反射という考え方があります
リフレクソロジーにもあるように
身体のある器官に異常があると
足の裏に反応が出ます
その反応が出たところを刺激する事で、
弱っている器官に働きかけ
機能を正常化させる理論です

その理論から自律神経系の症状を持っている方の
身体に出ている反応部位を正常化できれば、
そしてその伝達能力を補う事が出来れば
自律神経系の症状は改善できる
うつになりそうな方を守ってあげる事が出来る

うつや自律神経系を治すのではなく
うつや自律神経系の症状になってしまった
身体と伝達能力を正常化するという考え方です
真っ暗闇に一つの光を射す事が出来ます。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=92276

⇒「うつ病」の条件で検索した障害者の求人転職情報の一覧ページです。

           

いじめに関するボランティア募集
⇒https://activo.jp/tease

           

 
・飄々(憎しみ、同情)を学ぶ。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/

↑↑憎しみは脳内で「目の前に達成感がある」といった感覚を生み出している。へ

           

護身術習って いじめっ子に練習相手になってもらう(実践練習)。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=30434

           

・たった90日でお子さんをいじめから解放する方法。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=23243

           

・プロが教える職場の「いじめ」「パワハラ」撃退・予防術。
⇒https://www.infotop.jp/click.php?aid=261674&iid=33063

           

           

           

クリック出来ます。

           

           

飄々主義(憎しみと同情を使い分ける)。

もともと備わってる機能だから使う気になれば易々使える。

           

           

・憎しみを使う。 →どう使うか?  常識、差別、偏見、批判、理不尽、不条理を憎む。

           

憎しみは 威圧感も、よく思われたいも飛び越えて この野郎 と向かっていける。コミュ障、人見知りから解放してくれる。

憎しみは屈辱を与えてくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。屈辱から解放してくれる。

憎しみは人間関係を気にする相手に何言ってんだこの野郎 と向かっていける。人間関係から解放してくれる。

憎しみは世間体を気にする相手に何言ってんだこの野郎 と向かっていける。世間体から解放してくれる。

憎しみは恐怖を与えてくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。恐怖から解放してくれる。

憎しみは偏見をもった相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。偏見から解放してくれる。

憎しみは差別してくる相手に何しやがるこの野郎 と向かっていける。差別から解放してくれる。

           

           

・同情を使う。 →どう使うか?  自分の境遇に同情する。自分の体の機能に同情する。

同情  →自分の一部 自分の分身 という認識をすること。

           

ミャンマー が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

難民  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

性被害者  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

障害者 が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

地球  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。 

いきもの  が自分の一部 自分の分身 という認識をする。
⇒https://kkeeii.link/douga/kazoku/#g.

           

           

           

 

🍑 主義を行動でやって見せる。
⇒https://www.ka2.link/dansu/kunren-28/

🍑 その行動の原理、思想を語りました。
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-3/

” 友達になりませんか呼びかけ ” からの人類「ともだち作戦」「ストリートディベート」。

・アフガニスタン、ミャンマー、グータラ、生活困窮者、障害者
みんなまとめて救うには

1、飄々主義になる(憎しみと同情を使い分ける)
⇒https://www.uuooy.xyz/kitui/hyouhyou-2/

2、「ともだち作戦」「ストリートディベート」

・ストリートディベートで議論し合う、語り合うことから →仲間、友達になる。 →居候し合う。お節介し合う。 
→バンド、活動グループ、会社、NPOにする。
→無料で提供、共有 →レベルアップは有料化で運営していく。
→収益の何パーセントは支援、支援活動費。

・離婚、勘当、家出
・火事、地震、台風 などで住みかを失ったら 助けてもらう、利用させてもらう。

・ヤングケアラー、介護、老々介護、出産、育児、
・いじめられっ子、引きこもり、孤立、
・乞食、ホームレス、生活困窮者、母子家庭、 などのおせっかい、手伝わせてもらう。

🍑 2つの結末をできるだけ先送りして続けたい。
① 力尽きて野垂れ死ぬ。
② 迫害されて抹殺される。

🍑 活動を支えてください。
「技術を習得して 操れる快感を得られる」商品の一覧を作りました。
ターニングポイントになる技術を選んで購入していただきたい。

ここの商品を購入していただけるかどうかに
活動の存続がかかっています。 

・あなたの生き方のターニングポイント(使える技術の習得)になります。
・活動(ともだち作戦)を支援する=地球と人類に貢献することになります。

↓↓ここから支援していただけたら幸いです。
https://oioiuu.xyz/sinka/gizyutu/

↑↑ストリートディベートへ。

           

           

           

           

🍑尿道オナニーヤバい。何がヤバいって、尿道に金属の棒を入れる。背徳感ヤバい。

奥に前立腺があって、そこを棒が行き来するんだけど、
普段精液しか通らないから射精してる感覚、でも出てないから終わらない。イキっぱなし。
⇒尿道責め。尿道オナニー。正しい手順。注意点。購入サイト。

           

           

           

↓↓🍑各サイトで” アナル ”や品名で検索してください。

           

↓↓🍑” アナル ”や品名で検索。
欲しいモノ検索

           

⇒🍑女性のための大人のおもちゃ通販SAKURA。

クリック出来ます。

           

⇒🍑アダルトグッズ激安通販「ゼロ」。

クリック出来ます。

           

⇒🍑大人のおもちゃ通販 バイブスタイル。

クリック出来ます。

           

           

⇒🍑アダルトグッズ、大人のおもちゃの通販専門店。

クリック出来ます。

           

⇒🍑-海外-SMグッズ-通信販売-専門店-

クリック出来ます。

           

⇒🍑SMグッズクラブ [ボンテージ・SM専門店]。

クリック出来ます。

           

⇒🍑アキバ心をくすぐる萌えキャラパッケージを開拓しつづける新生メーカー。

クリック出来ます。
大人気のタマトイズ商品用バナー

           

           

⇒🍑アダルトグッズ・大人のおもちゃ通販のアダルトマーケット。

クリック出来ます。

           

⇒🍑オナホール激安通販専門店 オナペット。

クリック出来ます。

           

           

           

           

           

女子が山羊を投げる

           

⇒性被害者が自虐で乗り越えていく。自虐で自らを治療していく。(エクスポージャー療法)

クリック出来ます。

ゾゾゾッ
被害妄想。
風俗に手を染める。クリック出来ます。

意識が変わった。

⇒🍑エクスポージャー療法として利用するアイテム。

           

⇒🍑女性のためのセックストイ通販。

⇒🅾アダルトグッズ(男性用セックストイ)購入サイト。

⇒🍑ランジェリーで別人になる。

⇒🍑イッちゃう動画。

⇒🍑イッちゃう動画を好きなだけ見るコツ。

⇒🍑SMにハマる。 

⇒🍑ライブチャットでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑出会い系サイトでトラウマをぶちまけちゃう。

⇒🍑コスプレで別人になる。

⇒🍑コスプレ動画を好きなだけ見るコツ。

           

           

           

✅⑤あなたはこれから何をすべきか?

           

↓↓↓今すぐ見てください。あなたの人生(またはあなたの大切な人の人生)がかかっているかもしれません。

⇒🅾エクスポージャー療法。その1.

⇒🅾エクスポージャー療法。その2.

⇒✅エクスポージャー療法を好きなだけ見るコツ。

⇒生き方の助け、生活の向上になるコンテンツ。

           

           

           

           

           

           

✅人間にもともと備わっているある機能を利用すれば
飄々と困難や苦手な相手でもあっさり向かっていけるようになります。

・異性とのコミュニケーション、
・困難に思える事業、
・生きるか死ぬかの状況。

⇒何でも来いってなります。

           

✅地球上には自殺したいほど苦しい状況 が溢れています。

⇒🅾状況を変えられないのなら適応しちゃえばいい。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

以上
うつに関して、あなたに伝えることが私の使命。 級のシェア。

           

           

           

運営者情報。 独自サイトマップ

           

このエントリーをはてなブックマークに追加

           

           

           

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。